トルク値の調整をより素早く!
STAHLWILLE(スタビレー)の新型トルクレンチ730QUICK

STAHLWILLEのトルクレンチにNEWモデルが登場!

飛行機メンテナンス用ツールを供給で名高い、ドイツのSTAHLWILLE(スタビレー)社より新型のトルクレンチが日本に到着いたしました。



その名も730QUICK!
“QUICK”の名前通り、あなたの作業をスピードアップしてくれるアイテムです。




STAHLWILLEのトルクレンチについて

トルク値を変更させる機構には、コイルスプリングが使用されているのが一般的です。
しかし、スタビレーは板バネとベクトルループによる独自の機構を用いてトルク値の制御を行っています。



これらの機構によって、スタビレーのトルクレンチは精度が高く、耐久性も優れています。
その結果、世界中のプロメカニックやハードユーザーから厚い信頼を得ているのです。

スタビレーのトルクレンチはコイルスプリング式のものと異なり、実際に力を掛けた時にしかバネに負荷がかかりません。
コイルスプリング式のトルクレンチはトルク値を上げると常にバネに負荷がかかるため、使用後にトルク値を最低まで戻しておく必要があります。

しかし、板バネ式のトルクレンチは実際に力を掛けた時にしかバネに負荷がかからないので、使用後にトルク値を戻す必要がありません。
バネに負荷がかかりにくいので耐久面でも定評があります。





STAHLWILLEのトルクレンチについて

730QUICKシリーズは既存モデルの730Nシリーズの特徴を引き継いでおり、見た目もとてもよく似ています。



ただ、730QUICKは730Nシリーズをより使いやすくチューニングされたモデルです。
最大の違いはトルク調整の部分です。


730QUICKシリーズはトルク調整が目盛りスライド式になっており、バーをスライドさせることで非常に素早くトルク値の調整が行えます。



通常の状態ではグリップエンドのリリースレバーによってロックされており、勝手にトルク値が変わらないように固定されています。



リリースレバーを押しながら目盛り部分にある緑のバーをスライドさせることで、トルク値の調整ができるようになっています。



スライド式の変更となったことで、トルク値の調整スピードが劇的に上がりました。
最少トルク値から最大トルク値まで変更するのに1秒もあれば事足りる速さです。

グリップエンドにあるダイヤルを回してトルク値を調整する一般的なトルクレンチでは、モデルによってはトルク値の調整に結構な時間と手間がかかっていました。

730QUICKでは素早いトルク値の調整が可能なため、測定トルク値を頻繁に変更されるような作業ではとても役に立ちます。


従来の730Nシリーズと同じく、ヘッド部分の差し替えが可能です。
緑のプッシュボタンを押すことでロックが外れ、ヘッド部分を取り外すことができます。



また、本体の裏側を上にして取り付けることもできます。この状態でヘッドを取り付けると逆ネジに対応します。
ただ、裏側にはプッシュボタンは無いため、取り外しの際はピンポンチなどの細めの棒を使って取り外します。


今回、日本での発売を記念し、トルクレンチ本体価格のみでラチェットヘッドとクリアケースがサービスとなります。



数量限定となりますので、お見逃しなく!