Devcon(デブコン)Ninja Tape(忍者テープ)!

使用方法は引っ張って巻くだけ!しかもノリも残らない自己融着性シリコン補修テープ!!






初めてこのアイテムを知った際に思ったのですが・・・

製品の特徴と関連している様なしていない様な、いずれにせよインパクトのあるネーミングです!




この忍者テープは一見普通のビニールテープに見えますが、全く異なった性質を持っています!

ビニールテープや両面テープであれば、裏もしくは表裏両面に粘着性質を有しますが、

この忍者テープはシリコン素材で作られており、お互いを重ね合わせると自己融着するといった性質を持ちます。

つまり、引っ張って巻き付けるとテープ自身の伸縮力によって互いに接し、半永久的に密着するのです!

さらに、燃料・油・溶剤・海水・紫外線等にも優れた耐久性を有し、熱に関しても-54℃~260℃までの耐性を持っています。

更に言うならば、シリコン素材なので16,000V/mm(1mmあたり、16000Vの絶縁耐力)という非常に高い絶縁性を併せ持ちます。



この様な特徴から車であれば、応急的なラジエーターやヒーターホース等の

損傷&漏れ修理や配線・ワイヤーの結束処理・防水加工等の用途に、

また他用途ならば液体や気体等の配管・パイプの継ぎ手部の一時的な漏れ補修等にも使用可能です!



試しに、短く切った忍者テープを手で伸ばしてみました!

メーカースペックでは600%という脅威的な伸び率の記載があるのですが、

私のハンドパワーではこの程度が限界で、それでも優に3倍以上の伸びを確認出来ました。



実際にPBハンマーの木柄に巻いてみました!

巻いたのは先ほどの短く切った忍者テープなのですが、優に1週半以上巻き付ける事ができました。

ホースや配管等の修理以外にも、工具のグリップに使用する事でクッションまたは滑り止め効果を持たせる事も可能です。

因みに、メーカーが推奨している使用方法がこちらです!



ガソリンやオイルに対しても使用可能なアイテムなので、車のフューエルラインやオイルラインにも使用可能です。

しかもビニルーテープ等の様に貼った後に糊が残らないテープなので、工具箱に忍ばせておけば、イザという時に重宝するアイテムです!!