人気の高いLEDワークライト“スキニーライト”の進化型モデル、SKINNY LIGHT Mark2α (SLB12W)

スキニーライト”の進化型モデル

人気の高いLEDワークライト“スキニーライト”の進化型モデル、SKINNY LIGHT Mark2α (SLB12W) です。

従来モデルより内部の防水性能を高めたモデルで、故障の原因となり易い基盤への浸水を防いでくれます。 (あくまでも防水ではなく防滴となります。耐水性はIPX4相当となり、小雨程度の水には対応しますが、水没は厳禁となります)

LEDはSMDタイプの高輝度LEDを12個装備し、同容積でより高いエネルギー量を蓄えられるリチウムポリマーバッテリーを採用しています。

SMDとは、Surface Mount Device(表面実装デバイス)の略で、従来の砲弾型のLEDを小さいチップ型にしたものです。
薄いチップ型にする事で基板表面に直接実装でき、配線を用いず小さな面積に多数のLEDを装着できるようになった為、従来LEDより光量が20~30%アップしているのが特徴です。
又、砲弾型よりも照射角が広い事も大きなメリットです。

スキニーライトの特徴

スキニーライトの優れた点の1つとして、その圧倒的なスリムさと軽さがあります。
本体の厚みはわずか12.8mm。
非常に薄い設計の為、狭いところに突っ込む事も可能です。
全長は305mm、幅は29.5mmです。
重量もわずか120gと、非常に軽量で、扱い易いのが特徴です。
本体サイド部には、持った際の滑り止めとしてラバーが備わっていますが、同時に誤って対象物にぶつけた際の傷防止にも役立ちます。
このライトは耐久性の部分でも非常に高性能です。
生活防水はもちろん1.5mからの耐衝撃試験もクリアしており、しかも、平坦な場所であれば小型の車両に踏まれても壊れない程の高耐久性を有するという驚異の性能です。 (※製品の無破損を保証するものではありません)
実際に現場で使用していると、落としてしまう事は多々ありますので、今まで故障による買い替えを繰り返していた方にはオススメのモデルです。

スイッチは裏面にあり、消灯状態から、1回押すとHIGHモード、もう1回押すとLOWモード、さらにもう1回押すとECOモードとなり、またHIGHモードに戻るという形となります。 又、長押しすると消灯になります。
グリップ部分も指の形に合わせて凹凸を設けられており、とても握り易い印象です。

左側がLOWモード、右側がHIGHモードです。

写真ではなかなか伝わり辛いですが、LOWモードでも充分な明るさです。さらにECOモードにすれば、長時間の点灯が可能です。

連続点灯時間はHIGHモードの時で約3時間、LOWモードの時で約6時間、ECOモードの時で約14時間となります。

尚、充電時間は約3時間となります。

明るさは非常に強力で最大300Lumenの高照度を発揮します。

LEDの照射角度はスペック上は120°との事ですが、実際に見てみるとそれ以上に広範囲が照らされています。
光の広がりで言えば、他と比べても圧倒的な性能を発揮するライトと言えます。

又、今回、嬉しいポイントの1つとして、保護フィルムが付属している点が挙げられます。
レンズが傷ついてしまうと明るさが損なわれてしまいますので、この保護フィルムを貼れば、それを防ぐ事が出来ます。
ちなみに、フィルムがダメになったら、代用としてセロハンテープを貼っても光りの透過率は殆ど変りませんので、もしもの時は試してみて下さい。