鈍った刃物も元通り! TSUBOSANナイフシャープナー

TSUBOSAN(ツボサン)より、刃物の切れ味を元通りにするナイフシャープナーが登場しました!



棒状のヤスリとなっており、ナイフはもちろん包丁、カッター、ハサミなどの刃物製品を手入れすることができます。
使い方は簡単、刃をナイフシャープナーに沿わせるようにして当て、そのまま滑らせていきます。



この時、刃をまっすぐ滑らせてもいいですが、刃の根本から刃先が当たるように刃を斜めに滑らせると効率よく研ぐことができます。手首のスナップを効かせるイメージです。
4~5回ほど滑らせることで切れ味が蘇ります!試しに切ってみて、まだ足りないようであればもうしばらく同じ工程で研いでみます。 包丁の刃を研いでみましたが、研いだ後の方が刃先がきれいになっていますね。



このナイフシャープナーですが、随所に使いやすい工夫がちりばめられています。
まずは柄の部分。刃先を手前に向けて研ぐ都合上、少し失敗すれば自分の手を切ってしまう危険がありますが、そうならないように柄の部分には球状のストッパーが付いています。
使用時には球状の部分が上下に来るようにセットすると、もし刃を滑らせすぎても柄の部分で止まってくれるので安心です。
更にはこの球場の部分ですが、回転するようになっています。
ストッパーの構造上、どうしてもシャープナー本体の中でも球の当たるラインだけ酷使されることになってしまいますが、柄が回転することでまた別のラインが使えるようになるという仕組みとなっています。



あと注目したいのシャープナーのボディ部分です。
ボディ部分には磁性があり、刃物を研いだ時に出る切削粉が飛び散らないようになっています。
刃物を研ぐというとどうしても水場でやるイメージがありますが、このナイフシャープナーは周りが汚れないのでどこでも手軽にお使いいただけます。
包丁やナイフに使うのはもちろん、カッターやハサミにも使えるので、事務用品の手入れにもお使いいただけます。 刃物を使う様々な場所で、鈍った切れ味を取り戻してくれる救世主となってくれるアイテムです!