プラスチックタイプのプライバー、ニードル&フック、スクレーパーのご紹介!
上田
2018/11/23 18:00
こんにちは! 上田です。 本日は新たに入荷となったコチラのアイテムをご紹介させて頂きます。 1パックに3本、全4種類の先端形状が異なるセットになったCUSTOR(クストー)ミニプライバー、ニードル&フック、スクレーパーです! 素材にはポリアミド合成樹脂を採用しているので、耐久面での強度をもたせつつ、変形や折れ難くい作りとなっています。 特に近年の車種は、室内側で固定しているネジを隠し蓋で見えないようにしている場合、もしくははめ込んで固定している場合が多く見かけれますが、いざ外そうとすると隙間がわずかしかない為、細めの金属製ドライバー等でこじってしまう事もあるのではないかと思います。 ドライバーの使用用途からすれば、あまり好ましくないという事もありますが、それ以上にフタの部分やプラスチック部等にキズを付けてしまいがちです。 このミニプライバー、ニードル&フック、スクレーパーならば、その様な心配を回避出来ます! まずはこちらのプライバーの形状ですが、写真の様に先端は湾曲しこじり易くなっている事と、プラスチック製品としては先端がかなり細いくなっているのがお分かりいただけると思います。 両端でサイズが先端幅と厚みが異なっているので、1セットで計6種類のサイズとなっています。 こちらは針状のニードルとフックタイプがセットになっています。 プラスチック製とはいえ、先端はかなり尖っています。 ニードルは穴を開けるといった用途だけでなく、細かい部品などを取り付ける際に、穴の位置を調整するときに使用すると便利です。 またフックタイプは、特に車の様に細かい線がまとまった配線の中から1本の線を取り出す際などに重宝します。 こちらはスクレーパーという位置付けになっていますが、これもやはり先端が細いので、プライバー的な使用も可能と思われます。 スクレーパーに関してはもう1種類の設定があります。 こちらは、先ほどのスクレーパーを平型とするなら、槍型の様な形状が含まれています。 金属製スクレーパーより切れ味は劣りますが、剥がす際に相手側の素材を傷つけ辛いのが大きなメリットです。 車のボディーバンパー等に貼ってあるデカールの剥がし始めや、モール等を固定している屋外用強力両面テープの残った粘着部分などの除去に最適です。 また車やバイク等以外でも、こんなところに使う事が出来ます! キーボードのキーとキーの間にゴミは勿論ですが、結構やっかいなのがやホチキスの芯やゼムクリップなどが入り込んでしまうと、入力の際にキーを叩いても入力されない。。。なんてことも起きてしまいがちです。 また誤って水分などが入りこんでしまった際などは、キーを取り外して清掃するのが手っ取り早い時があるのですが、この様な時にミニプライバーが重宝します! その他にもマグネットトレイや強力な磁気を持つ製品に、金属製の工具を近づければ、当然磁力に引っ張られ非常に作業がし辛くなるのですが、この様な時も作業に支障を来しません。 メンテナンス工具としてはもちろんですが、ご家庭にも1つあると色々と役に立つアイテムです!