切れ味抜群の高機能ハサミ! エンジニアのPH-55 鉄腕ハサミGTのご紹介
山本
2018/11/28 18:00
こんにちは! ワールドインポートツールズの山本です。 日常生活に使うもののグレードを上げていくのが密かな楽しみです。 工具メーカーの商品は日々過酷な現場で使われることを想定しており、 高機能な商品が多くなっています。 普段使うものを工具メーカーのものから探してみると、かなり良いものに出会えることが あります。 今回はそんな感じで店内のものを漁っていて見つけたハサミを紹介していきます! 今回紹介するのはエンジニアから発売されているハサミ、「PH-55 鉄腕ハサミ GT」!! 4つの異なる刃を備えた便利なハサミです。 鉄腕GTには   1ストレート刃   2マイクロセレーション(ギザ刃)   3ダンボールオープナー   4ワイヤーカッター の4つの刃があります。 鉄腕GTの先端はストレート刃とギザ刃の2つの刃からできています。 ストレート刃は紙や布のスライド切りをサポートしてくれ、ギザ刃はキャブタイヤトラロープのような 硬いものもザクザク切ることができます。 参考までにギザ刃の最大切断能力を紹介します。   ・トラロープ   :φ10㎜   ・キャブタイヤ  :φ8㎜   ・綿被覆コード  :φ8㎜   ・ベルト(革)  :厚み4㎜   ・CD、カード   :厚み1.2㎜   ・枝       :φ5㎜   ・銅板、アルミ板 :厚み0.5㎜    実にいろいろなものを切ることができますね。 ただ切るだけでなく、注目したいのは楽に切れること! 鉄腕GTの切断能力は高く、あまり力を入れずに切ることができます。 ハサミで苦労した思い出と言えば硬いものを切るとき。 昔学校でトラロープを切る機会があったのですが、そこら辺のハサミでは 切るのにかなりの力を必要とします。 1回切るのにもへとへとで、作業を終えるのに相当苦労した思い出があります。 あとはベルト買ったとき。 新品のベルトは長いことが多く、ハサミで切って調整します。 ただ何といってもベルトが硬い! これも切るのにずいぶん苦労しました。 その時にこの鉄腕GTを持っていたらなあという思いです。 ほかにも鉄腕GTには便利な刃がついています。 1つはダンボールオープナー。 文字通りダンボールを開けるときに使います。 刃が少し厚めなので、ダンボールを開けるときに中のものを傷つけにくくなっています。 カッターを使ってダンボールを開けるとうっかり中のものを傷つけてしまうことがありますが、 そんな時にあると安心です。 また、カッターでダンボールを開けているとテープの粘着が刃についてしまって切れ味が落ちて しまいます。 しかし鉄腕GTにはダンボールオープナーがあることで、切るときに使う刃にはテープの粘着がつかない ようになっているのが良いですね。 あとは刃の後ろ側、取っ手の部分にワイヤーカッターがついています。 こちらはハリガネなどの固いコード類を切断することに使います。 これも固いコードを切る用の刃を用意していることで、ストレート刃とギザ刃に無理な 使用をさせずに劣化を防ぐことができます。 また、本体の刃の部分以外にも機能が備わっています! 1つはフィンガーガード。指詰め防止用の仕様です。 取っての縁の部分が少し盛り上がっていることで、ハサミを閉じたときに指が 挟まらないように設計されています。 ハサミを使っているときに思いっきり力を入れて指を挟んでしまったことはありませんか? あれめっちゃ痛いです。 鉄腕GTでは指詰めが起こらないように設計されているので安心して使うことができます。 あと本体にはキャップが付属しています。 持ち運びの時にも周りを傷つけない便利な仕様ですね。 カバンや筆箱に入れていても刃が開くこともなければ触れることもないので 安心して持ち運ぶことができます。 多くの機能がついた鉄腕GT。いろいろな場面で活躍すること間違いなしですね!