LENOXのこぎりイベント開催しました!
山本
2018/12/10 18:00
皆さんこんにちは。 ワールドインポートツールズの山本です。 今回は2018年12月9日(日)に開催されたLENOXイベントの模様を紹介していこうと思います。 ワールドインポートツールズで定期的に開催されるLENOXイベント。 電動のレシプロソーを使っていかに速く鉄管を切れるか?を競うイベントです。 鉄管を切断するまでのタイムを競い、優勝者には豪華景品が!! 仕事や趣味で使っているのでもなければ電動レシプロソーを使う機会はそうそうありません。 良い機会なので早速挑戦させていただくことにしました! 結構振動が強くて苦戦してしまいましたが、なんとか切断に成功。 記録は31秒。 すでに挑戦された方のタイムを見ているとだいたい20秒ほどだったので悔しい気持ちで終わってしまいました。 曰く、速く切るコツはただ上から力を入れるだけでなく、前後に刃を動かしていくこと。 鉄管の円周をなぞるように刃を動かしていくとより速く切れるのだとか。 あとは、レシプロソー先端の黒いベースプレートをしっかり切断する対象物に押し付けておかないと 振動が激しくなってしまい、非常に切りづらくなってしまいます。 実際私が切っているときは途中からベースプレートが離れてしまっていました。 なので苦戦してしまったというわけですね。 これらのアドバイスを切る前に知っておきたかった・・・と思う次第です。 イベントに戻りまして、たくさんの方々に挑戦していただきました。 そしてイベントも終了し、ついに優勝者が決定! 記録はなんと13秒!驚きのタイムです。 優勝者にはSIGNETのツールボックスを進呈。優勝おめでとうございます! ここからは今回のイベントで使用させていただいたLENOXとDEWALTについてご紹介していきます。 LENOXとDEWALTはともにアメリカのツールメーカー。 今回のイベントではDEWALTのレシプロソーに、LENOXのブレードを装着して使用させていただきました。 LENOXブレードの特徴と言えばバイメタル構造による耐久性。 折れやよじれに強く、安心して使うことができます。 刃先の高度はHRC硬度66~69と非常に高く、鉄やステンレスをスムーズに切断することができます。 DEWALTのレシプロソーは充電式のコードレスモデルではあるものの、コード式と変わらないパワーを 発揮します。 最大出力1550Wのレシプロソーはコード式並みの最大出力を誇っており、力不足を感じさせません。 イベントの模様はこちらの動画でも紹介しておりますので、ぜひご覧ください。 特に今回切断体験をしたことで感じたのは、かなり楽に切れるということです。 私自身体力に自信のある方ではありませんが、そんなことは関係なく鉄管を切断することができました。 こういう事ができるのも高性能なツールがあってこそだなと感じた次第です。 LENOXイベントは普段触れる機会の少ない工具にも触れることができる貴重な機会です。 次回開催されるときはぜひとも参加されてみてはいかがでしょうか。