ユニークなグリップが特徴です PB SWISSTOOLS製の傘をご紹介
山本
2019/04/24 18:00
こんにちは。ワールドインポートツールズの山本です。 今日の横浜は物凄く天気が悪いですね。今にも降ってきそうです。 天気予報によると晩から強い雨とのことなので、車や徒歩に関わらず移動の際はお気を付けください。 そんな天気もあるので今回はPB SWISSTOOLSから発売されている傘を紹介しようと思います。 PB SWISSTOOLSはスイスの工具メーカーで、ドライバーが有名なのですがこういったグッズも良く販売されています。 栓抜きやマグネット、USBメモリまで工具関係なしにグッズが展開されていて面白いですね。 余談ですが僕はPBのキーホルダーを自転車のカギにつけています。 話は戻ってPBの傘なのですが、随所にPBらしいこだわりが隠れています! まずは傘を開くとPB SWISSTOOLSのロゴが! 反対側にはPBのスローガン「Work with the best」も書かれています。 そして何と言っても特徴的なのがグリップです。 PBと言えばドライバーですが、ドライバーハンドルと同じものが傘のグリップとして使用されています。 PBのドライバーハンドルは濡れ手でも滑りづらくまた握りやすい形となっているのですが、傘にもこの強みが活かされています。 普通の傘では考えられないほど滑りづらくなっているので、強風時でも安心して傘を持っておくことができますね。 ドライバーハンドルが傘のグリップになっているという見た目も非常にユニークで、遊び心もあります。 見た目が非常に珍しいので、よくある傘の取り違いなんかも起こらないですね。 見る人が見れば一発でPB製品と分かるので、PB SWISSTOOLSファンを強烈にアピールできること間違いなしです。 見た目ばかりでなく実用性もあるのが良いところ。 傘を開いた直径は105cmと大型のため、男性が差しても濡れにくい大きめの傘となっています。 このユニークな傘ですが、折りたたみ傘バージョンも発売されています。 こちらも長傘と同じく、傘を開くとロゴとスローガンが! そしてグリップもPBのドライバーハンドルとなっています。 折りたたみ傘の場合は普通のドライバーハンドルだと長すぎてスペースを取ってしまいますので、短いスタッビドライバーハンドルとなっています。 グリップの素材は長傘と同じなので、こちらも滑りづらく強風時でも風で持っていかれにくい仕様です。 見た目も面白く実用性もあるPBの傘、試してみてはいかがでしょうか? 本体は赤色と黒色の2色が長傘と折り畳み傘それぞれでラインナップされていますので、お好みのお色をどうぞ!