逆回転ドリルがセットになったエキストラクター!
上田
2019/06/03 18:00
こんにちは!! 上田です。 本日はコチラの、イザ!という時の非常に助かるお役立ちツールをご紹介させて頂きます! ボルトを外そうとしてナメてしまった、又は折れてしまった・・・等の問題が発生した際に使用する工具、エキストラクターツールセットです。 エキストラターと一口で言っても、非常に多くの形状、また種類が有りますが、このモデルはセットに含まれるドリルが通常とは逆の左回転(Left-Hand)で穴開けが可能なとなっているのが最大の特徴です。 一般的なボルトは右回転で締まり、左回転で緩みます。 ドリルで下穴を開ける際に、一般的なドリル(右回転)で穴を開ける(力を加える)ことは、ある意味さらに奥に締め込んでいくようなものです。 左回転であれば緩め側に力が加わり、上手くいけば下穴を開けている時点でボルトが緩んでくれる可能性すらあります。 リカバリーの際には1%でも可能性を高めて挑むのが鉄則ですが、このドリルとエキストラクターは、可能性を上げる為の実に理にかなった組み合わせなのです。 簡単に使用方法を説明させて頂きます。 まず、対象のボルトに合わせてドリルを選択し下穴を開けていきます。 そもそもエキストラクターはテーパー状になっているので、下穴はある程度の深さまでで構いません。 出来る限りボルトの中心に穴を開ける事が大切です。 穴開けが終わったらエキストラクターを挿入し上からハンマーで軽く叩き、エキストラクターの刃を食い込ませれば準備完了です。 エキストラクターの上部は四角い形状になっているのでタップレンチやアジャスタブルレンチ等でも咥える事が出来ますが、出来る限り均等に力が入れられる様な形状が良いです。 あとは緩め方向(左回転)に回していけばエキストラクターと共に食い付いたボルトが緩むという仕組みです。 エキストラクターは粘りが少なく、硬い素材で出来ているため、横や斜め方向に無理な力を加えると折れてしまう恐れがあります。 こうなるとリカバリーが非常に困難になりますので、焦らず慎重に行なって下さい。 セットには5組のエキストラクターとドリルが含まれており、サイズはM5(3/16inch)からM19(3/4inch)のボルトまで対応します。 メタルケースに収納されるので視認性が良く、また紛失防止にも一役買ってくれます。 ボルトのナメや破損は、慎重に作業をしていても起こってしまう事が多々あります。 この様な際に使用するエキストラクターは、万が一の時に手元にあると無いとではその後の作業の進行が大きく変わります。 使用しない事が一番ですが、工具箱の中に常備しておきたいツールです!