緊急事態にはこれ1本! 瞬間補修剤ラピッドフィックス
山本
2019/06/19 18:00
こんにちは。ワールドインポートツールズの山本です。 突然ですが、靴が壊れました。 最近は雨の中歩いたりしていると「なんか靴に水が染みてくる・・・」と嫌な予感がしており、恐る恐る靴を確認するとガッツリ壊れていました。 これはもう明らかに買い替えた方が良いレベルなのですが、買い物に行ける次の休みまでまだ数日あるので、そこまでは何とか今のままで耐えなければなりません。 何とかならないものかと店内を見渡していたところ、これが目の前に飛び込んできたのです。 瞬間補修剤ラピッドフィックス。 破損したパイプなどの補修に使われるものなのですが、ゴムみたいな柔らかい素材にも使えるということもあり、これで靴を補修してみることにしました。 このラピッドフィックスは青と赤の2つの容器に薬品が入っています。 赤い方の中身は粉末状となっており、液体である青い方の薬品と反応することで固まるという性質を持っています。 さらに青い方は強い接着作用を持っており、この2つを合わせて強力に接着することができるという仕様です。 それでは早速使っていきましょう。 まずは接着したい面に青い容器に入っている液体を流し込んでいきます。 青い容器に入っている液体は瞬間接着剤のようにすぐに接着されるので、作業は必ず手袋を着けて行ってください。 僕は油断して手袋無しでやってしまいましたが、途中で手と床がくっつきそうになってかなりヒヤッとしました。 面を接着した後の様子がこちら。 グイっと引っ張ってみましたが、しっかりくっついていますね。これだけでもかなり強力です。 面を液体の方で接着した後は、周りの部分を粉末と液体の両方を使ってさらに補強していきます。 境目の部分に赤→青という順で薬品をかけていきます。 赤い容器に入っている粉末は、青い容器の液体と反応することで固く透明になっていきます。これで境目を補強していくようなイメージです。 ほとんど接着した跡も目立ちませんね。これで作業は終わりです。 瞬間接着剤のように扱えることもあり、時間もほとんどかからず作業時間的には10分足らずで済みました。 接着を待つ時間がいらないというのは大きかったです。 緊急の補修にも使えるため、1つ常備しておくと助かる場面は多いのではないかと思いました。 店頭にはサンプルも置いていますので、お立ち寄りの際はぜひご覧ください。 今回は以上となります。ありがとうございました。