手持ちの工具がデジタルトルクレンチに大変身! KTC TORQULE(トルクル)のご紹介
山本
2019/06/28 18:30
こんにちは。ワールドインポートツールズの山本です。 今回はKTCのTORQULE(トルクル)を紹介させていただきます! このトルクル、どんなアイテムかと言いますと、普通のT型ハンドルやラチェットハンドルに装着するだけで、デジタルトルクレンチに早変わり!というお手軽便利アイテムです。 トルクレンチを使ったトルク管理と言いますと、専用のトルクレンチを使用して行うのが普通ですが、このトルクルを使えばトルクレンチが無くとも手持ちの工具をデジタルトルクレンチとして扱えるようになります。 トルク管理導入の敷居がグッと低くなりますね。 使う際には専用アプリを介して使用します。 「TRASAS Admin」という無料アプリをダウンロードしていただき、お持ちのタブレットやスマホで起動させます。 トルクルの電源ボタンを長押しするとランプが光りますので、そうするとデバイス一覧に表示されます。 これでもう実際にトルクを測れるようになりました! 画面右のバーを操作して希望のトルク値を設定します。今回は5.0Nm あとはもうレンチの方をググっと回していただければ測定がスタート! 0.0Nmとなっている数値がかけているトルクに応じて上がっていきます。 測定値に近づいてくると画面が緑になり、音が鳴って教えてくれます。こうなったところで力を緩めましょう。 ちなみに測定値を大幅に超えると警告音が鳴り、画面にもアラートが出ます。 これらの範囲は個別に設定できますので、どれくらいからアラートとするかも自由に決められます。 測定したデータはラップという形で記録されていきますが、画面右上のRECマークを押していれば出力することも可能です。 締めた結果をログとして残せるのはデジタルトルクレンチの強みですね。 手持ちの工具に装着するだけで使用できるので、試してみてはいかがでしょうか。 店頭にてチラシを配布しておりますので、お立ち寄りの際はぜひご覧ください。 今回もご覧いただきありがとうございました。