コードレスで取り回し易い検電ペン!!
上田
2019/09/25 18:00
こんにちは!! 上田です。 本日は、先日入荷となった長期に渡り人気を維持している、サーキットテスター(通称:検ペン)をご紹介したいと思います。 サーキットテスターは、自動車のオーディオやナビゲーションを取り付ける際や、オートバイの電装部品取り付け作業時等、導通チェックに使用される簡易的なテスターです。 プラス電源を確保する際、電源特定を行うのが主としての仕事ですが、一般的な既存モデルでは、本体から伸びる「アースクリップ」をマイナス電源(ボディアース)に接続するのが条件となります。 しかし! この検ペン、アースコ-ドが御座いません! 上の画像は、実際にバッテリーを測定していますが、手の平がマイナス端子に触れています。 実は、この「触れる」事で回路を作っているのです。 回路が作られる事によって電気の流れが出来るので、結果として本体の上部にあるLEDが光ると共にブザー音が鳴り、電源の特定が可能となります! つまり、アースコ-ドの代替として自身の体がアースコードの役目をはたします! イメージ的に「ビリッ!」と感電しそうですが、全く痛みは感じませんのでご安心ください!! 車での室内作業の際は、鍵穴に触れて頂くか、鍵穴に鍵を差した状態で鍵(金属部分)をつまんで頂ければ作業可能です。 また、最大の「売り」とも言える特徴として・・・ 警告灯を出す恐れがほぼありません! この情報は、毎日の様に電装系の機器の取り付けを行っている常連様から教えて頂いたのですが、自分の体がアース線の役目をするこのテスターの場合、体が大きな抵抗の役目をしてくれるので警告灯を動作させるだけの電流が流れないのです! コードレスサーキットテスターには、他にも便利な機能が備わっています。 テスター先端には、電線を逃がさない様、V字の切れ込みが入った形状となっているので、突き刺し測定する際に重宝します。 また、このV字アダプターは任意に取り外しも可能です。 最近の電装部品は、カプラーも小型化し、一般的なテスタープローブ先端径では金属端子まで届かない・・ という場面もありますが、極小径のプローブに変換するアイテムがありますので、これなら極細の端子&カプラーでも作業が止まりません。 コードレスサーキットテスター&極小径プローブの組み合わせれば、旧車~現行車まで対応可能な検ペンとなります!!