作業時間半分!スピード作業を可能とするクイックスピンナー!
2017/04/30 00:00
今日は、クイックスピンナーをご紹介致します。 私、恥ずかしながら工具屋に勤めるまでこの工具の存在を知りませんでした。 この工具を知った時は、何て勿体無い事してたんだろう・・・と、思うのと同時に、「これは友達に勧めないと!」と、思った記憶が御座います。 店舗へお越し頂く、客様の会話の中でも、「知らない」「存在は知っているが使った事が無い」 との、お話を良く聞きます。 ラチェットハンドルを使った事のある方なら経験があるかと思いますが、ハンドルをいくら振っても一向に作業が進まない・・状況を経験されているかと思います。 ボルトをハンドルで回し戻す際、ラチェットギアが空転する事で、ソケットとボルトはそのままになるべきですが、ギアの引き摺りによりソケットも一緒に戻ってしまう・・ これでは作業は進みません。 そこで登場となるのが、今回改めてご紹介するクイックスピンナー! 単体で使うものとしての認識も多く見受けられますが、ハズレでは無いものの本来の使い方としては、ラチェットハンドルの“補助工具”として使うのが一番良い使い方かと思います。 ラチェットハンドルに装着後、極力指で回せるだけ回し、渋くなってきた時点でハンドルを振るのです。 以前、お客様より聞いたお話ですが、、、 その方の勤める会社の作業コンテストが毎年あるそうなのですが、 全国から集まった精鋭達が決められた作業内容の正確性と時間を競うのだとか。 ある年に、その方がクイックスピンナーをポケットに忍ばせ、開始と同時にラチェットに装着! そのお客様だけ、圧倒的な速さにて作業が終了した事を不審に思った審査員から、徹底的な捜査が始まったそうですが、作業時にクイックスピンナーを使った事を白状すると、次期コンテストより、“クイックスピンナー禁止令”が、発令されてしまったそうです! 上記は同じ条件にて、“クイックスピンナー無し”と”クイックスピンナー有り”を比較した動画です。 ご覧頂くと分かりますが、クイックスピンナー無しでの作業は約20秒、装着後は約10秒と半分!の時短が実現します。 初めて使うと、あまりの作業時間短縮に唖然とするかもしれませんよ♪ 本日も最後までご覧頂きましてありがとうございました。
ダンボールはもう使わない!車輌下に入る時の必需品!
2017/04/27 00:00
今回ご紹介するアイテムはこちら↓ ≪Lisle クリーパー≫です。 強化プラスチック製ですのでとても軽量なのです その為に出張作業の方などにも人気のアイテムです。 強化プラスチック製の為、不安に思われるかもしれませんが、耐久性はとても高く落とした程度ではビクともしません! ※故意に力を掛けたり、荷物を運ぶなどの本来とは違うご使用はお止め下さい。 サイズは440×965×145(各mm)となり、小径キャスターの為にとても低床となっています。 ヘッドレスト部が一番高くなっていますがわずか145mmです ※どうしても作業スペースが確保できない場合はヘッドレストを外す事で高さを103mmまで下げられます。 6輪が全て自在キャスターです。キャスターの動きも良いので車輌下で位置調整が上手くいかず悪戦苦闘する事もありません ・・・・・・実際に私はキャスターの動きが悪いクリーパーを使い車輌の下でジタバタした事があり、上司に『ん?何遊んでるんだ?』と怒られましたね・・・・・・今となっては良い思い出ですがね キャスターは補修部品として設定があります。店頭にもございますのでお気軽にお問合せ下さい☆ 肩の下側が凹んでいる為に腕を自由に動かせるので『腕の可動域が狭く力が掛けられないかも?』と心配の方にも安心してお使い頂けます そして最近になりカラーバリエーションが増えました 今までは赤・青・黄・黒の4色でしたがピンク・オレンジ・ネオングリーンの3色が仲間入りしまして7色展開となっています♪ この色使いはさすがはmade in USAですね 作業現場で目立つこと間違いなし!更には他の作業員と被ることも少ないです!! この機会にお洒落&便利なクリーパーでダンボールから卒業してみてはいかがでしょうか? 今回も最後までお付き合いありがとうございました。
弱電関係の小さいネジ山を傷めてしまった際のリカバリーに!
2017/04/26 00:00
今日は傷んだネジを作業する際にとても便利に使える、 “ENGINEER・ネジザウルス M2” を簡単にご紹介させて頂きたいと思います。 このモデルは従来のネジザウルスで対応出来ない様な、小さいサイズを作業する際に便利に使える様に開発され、先端部分も奥まった箇所でも作業が出来る様にスリム設計され、プリント基板や電子機器などのM2以下の精密ネジに最適です。 サイズ的には手の平に収まるサイズの全長120mmとなり、環境に優しい素材の“エラストマー樹脂”を採用し、手にも優しくフィットする様に出来、重量も僅か100gと軽量で、 高所作業にてお使い頂く場合に、落下防止に最適のストラップホールも備えています。 これが特徴的なのですが、小さいサイズを主としているので弱電関連での需要も考慮し、静電気対策を施したESD対応となっており、表面抵抗値1×106~107Ω/sqで基板上の作業でも安心してご使用頂けるのもこのモデルならではの仕様となります。(※絶縁工具ではありません。 ) 以上、簡単にご説明させて頂きましたが、販売価格など詳細は各店までお気軽にお問い合わせください。
マ・マイナス?溝にしか見えない大型マイナスに関する工具のご紹介!
2017/04/21 00:00
さて、今日は突如現れる!大きなマイナスネジ!?に関する工具をご紹介致します。 比較的小さなネジであれば、ドライバーにて対処できますが、大きな物となってくると、ネジに対して 工具が小さ過ぎたり、ドライバーグリップでは役不足で回す事さえできません・・・ 以前のブログでもご紹介していますが、マイナスの大きなビットが存在し、ラチェットハンドルやメガネレンチでも回す事が可能です。 極稀に、そのビットでも対処できない非常に大きなマイナスが出てくる事がありますが、そんな対象物にも対応可能な工具が存在しています。 厄介な事にマイナスは規格が存在しませんので、最適な工具を選択する為には、マイナスの溝と長さの二箇所を測定して頂き、その寸法に極力あった物を選択して下さい。 大きな物は、長さ30mm前後、厚み6mm前後の工具が設定されています。 これだけ大きな物となると、回す際のトルクも大きいので、差込角も3/4(19mm)にもなってきます。 困った際は、お気軽にご相談下さい!
ガングリップ式のプライヤーで少し変わった機能も備えています!
2017/04/19 00:00
今日は少し変わった形状をしたプライヤーで人気の高い、 “IRWIN・エルゴマルチロングノーズプライヤー” を簡単にご紹介させて頂きたいと思います。 このモデルは写真でもお解り頂ける事と思いますが、62℃に傾けられたピストル形状により手首に掛かる負担を軽減し、奥まった場所や障害物を避けた作業に便利なモデルとなります。 特殊高周波焼き入れされた刃先は耐久性に優れ、溝をしっかり刻む事で対象物をしっかり捉える事が出来、表面に特殊防錆処理(マットブラックフィニッシュ)を施す事で、サビに強く長期間使用できます。 先端部分下には簡易ワイヤーストリッパーと簡易圧着機構を設けているので、ストリッパーは0.5/1.25/2.0mm2、圧着は0.3mm2まで行えます。 そして、ニッパー部分はピアノ線でで2.0mmまで切断可能で、ACSR(鋼心アルミにより線)、クギ、ネジ等を刃先へのダメージなく切断する事が出来ます。 そして、これは面白い機構なのですが、本体裏側にはボルト&ナットで13~18mmまで回せる機構も備えています。 ハンドル上部に有るイエローのレバーは、収納する際にハンドルが広がらない為の“ロック機構”となっていますので、収納する際にとても重宝します。 グリップに関しては、3種類の異なる素材を組み合わせた“コンフォードハンドル”となるので、扱い易く疲れを軽減する事で作業効率を高め、凹凸形状となっているのでしっかり力を掛ける事も出来ます。 高所作業などを行う際の“落下防止ストラップ”を付けるスぺースも備え、紛失防止に役立ちます。 以上、簡単にご説明させて頂きましたが、メイン工具ではないものの、奥まった箇所で力を加えたい時にとても便利なアイテムですね~。 販売価格など詳細は各店までお気軽にお問い合わせください。
倍力機構で楽々切断!パワースロットニッパー!!
2017/04/18 00:00
今回紹介するアイテムはこちら↓ ≪IRWIN パワースロットハイパフォーマンスニッパー≫です。 IRWINと言えばバイスグリップが思い浮かぶ方も多いと思います。 実際店頭でも『バイスグリップの所でしょ?』と言われる事も少なくありませんので・・・ しかし今回ご紹介するのはニッパーでして、「ハイパフォーマンスシリーズ」という新しいシリーズで、名前の通り“パワースロットテクノロジー”と呼ばれる機構を取り入れているモデルです ・・・・・・分かり易く言いますと、、、 『倍力機構で今までの半分以下の力で切断が可能』と言うことです。 グリップは力が掛け易い形状で、更には異なる三種の素材を組み合わせています。 三種の素材が握り易さに繋がり、疲労を軽減し作業効率がUPします そしてグリップエンドには別売のストラップを付ける為の突起があります。 脱落防止になるので高所作業でも安心してお使い頂けますね~♪ 先端は特殊高周波焼入れを施し高耐久です。 一見すると普通の黒染めの様に見えますが、特殊防錆処理(マットブラックフィニッシュ)が施されいる為に錆に強く長期間お使い頂けます。 今回は本来なら切るのが大変な番線を実際に切断してみます。 比較としてKNIPEXのボルトカッターを用意しました。はたして切れ味で勝るのは? 私が実演しておりますが、諸事情により握力は人並み以下の30kgfと実は女性並の握力なのですが・・・何の心配も無く切断出来ました!! 言葉で表すのは難しいですが刃が入っていく感じは不思議な感覚です。 そこまで力一杯握っているわけでもないのですが・・・・・・硬い対象物が切れるのは何度切っても違和感がありますね 最強と言っても過言ではないニッパーですが弱点もあります。 倍力機構ゆえに先端の開きが小さいのです その為、大きなものを切るのは苦手です。 写真は最大開口状態となりますが、この状態では片手でグリップを握るのは厳しいかもしれませんね・・・・・・ しかし、その切断能力はホンモノ!! 硬い対象物を切る時にとても便利な倍力ニッパー。 この機会にいかがでしょうか? 今回も最後までお付き合いありがとうございました。
ムシ回し、光軸調整、バッテリー、水栓、、、特殊なビット特集!
2017/04/17 00:00
さて、本日はちょっと変わったビットをご紹介させて頂こうと思います。 ビット(ドライバービット)と言えば、上の写真の様に、ネジ形状の多様化に伴い様々なモデルが登場しておりますが、今回ご紹介させて頂くのは、特殊用途のビットです。 まずはこちら! 何だか分かりますでしょうか?? そう、タイヤのムシ回しに使用するバルブコア用ビットなのです。 こちらはビット単体でのラインナップではなく、差替えスタビビットドライバーのセットになります。 ビットタイプとしては他メーカーではなかなか見かけないモデルですよね♪ こちらは最近登場したばかりの新商品。 これだけのロングビットも珍しいでしょうが、実はこれ、只のプラスビットではありません! 先端の形状をプラスビットと比べてみると、角度が異なります。 又、軸の太さも先端以外は細く造られているのも特徴です。 これは実は自動車のヘッドライトの光軸調整用のビットなのです。 KTCからラチェットドライバーとしてラインナップされているのですが、ブレード単体でも設定がありますので、お手持ちのビットドライバーやラチェットドライバーで使用する事が可能です。 続いてはこちら! こんなものまでビットでラインナップされているのですね~♪ ご存知コインドライバーのビットバージョンです。 コインドライバーとは、自動車等のバッテリーキャップやオートバイのカウルに使用されているネジなど、通常のマイナスやプラスのビスより大きく溝が切ってあるネジに対して有効な専用ビットです。 数をこなす場合は、ラチェットドライバーや電動ドライバーで使用出来るというのはかなりメリットが大きいかもしれませんね。(* ^ー゚)ノ 最後は水栓用ドライバービットです。 形状はコインドライバーに近いですが、先端が丸くなっていないのが特徴です。 最近お風呂のシャワーの出が悪い、、、なんて時は、左写真のネジを外して中のフィルターのつまりを取ってやると直る場合がありますよ♪ 私も先日自宅のシャワーのお湯の出が悪くなり、この部分をバラしたばかりです。 、、、結局原因は給湯器の故障でしたが、業者を呼ぶ前に自分で点検出来るところはやった方が良いですよね♪ 世の中には色々な工具が出回っているものです。 作業効率UPに是非お手持ちの工具に加えてみては如何でしょうか? 本日も最後までご覧頂きまして、ありがとうございました。
ネプロス・コンビネーションレンチに待望のロングモデルが登場!
2017/04/14 00:00
今日は人気のネプロスから新たにラインナップに加わった “ネプロス・ロングコンビネーション レンチ” を簡単にご紹介させて頂きたいと思います。 まず商品のご説明の前に・・・ 安価なレンチでボルト・ナットの締め・緩めを行うと、ボルト・ナットのエッジとレンチの内面が線接触となり、応力が集中してボルト・ナットのエッジを痛めしまう事があります・・・ KTCが開発し、このモデルにも採用されている“パワーフィット形状”は、ボルト・ナットとの接触を線から面に変え、応力の集中を防ぐことでボルト・ナットのエッジを傷めにくくし、より確実な締め付け・緩め作業が行えるようになっているのがポイントです! 又、ネプロスモデルにはパワーフィット思想を昇華させ、接触面積をより大きくすることで理想的な面接触を実現する“Nパワーフィット形状”が採用されています。 このロングモデルはスタンダードタイプより全長が長いのでより軽い力で作業が出来ます。 又、スパナ側ヘッド部は幅を極力小さく、力の加わる部分にボリュームを持たせ、従来のやり形を進化させたKTC独自の新やり形ヘッドとなっています。 ラインナップは、8(150mm)・10(170mm)・12(200mm)・13(205mm)・14(220mm)・16(250mm)・17(265mm)・19(290mm)・21(325mm)・22(340mm)・24(375mm)・27(405mm)mmの全12アイテムとなり、カッコ内は全長を記しています。 以上、簡単にご説明させて頂きましたが、販売価格など詳細は各店までお気軽にお問い合わせください。
移動も楽々♪ Snap-on H・D・クリーパーシートのご紹介!
2017/04/12 00:00
今回ご紹介するアイテムは、“Snap-on ヘビーデューティークリーパーシート(JCW80)”です! こちらのアイテムは、自動車、オートバイのメンテナンス作業の際に座りながら作業が出来、尚且つ移動も楽に出来るので、大変重宝します♪ サイズは、W362xD483xH381mm(シートサイズ:362x254mm)で重量が8.2kgとなっています。 また、カラーバリエーションも元々のレッドとブラックの他にオレンジ、グリーン、カモフラージュの5色になっています! 特にカモフラージュは、通常カラーとは異なり独特な雰囲気が出ていてカッコイイです♪ シートは高密度のフォームパッドを採用しており、適度な反発力がありながらも硬すぎずで長期に座っていても疲れにくくなっています♪ シート中央には、Snap-onのロゴが大きく印字されているのでかなり目立ちます♪ シートの下には、引き出しが備え付けてあり、深さが45mm、さらにシートとの間に50mm程のスペースがありますので、実質約95mmの高さのものを収納出来る様になっています! この引き出しにより、作業中に工具やパーツなどを手軽に出し入れできるのがとても便利です♪ フレームはスチール製で、丈夫な16ゲージフレームを採用しており、U字パイプになっているので、座って作業している際に適度なスプリング効果がありますので快適です! 又、下部には3分割されたトレーがありますので、細かいパーツやスプレーカンなどを置くのに利用すれば、作業性もUPしますね♪ 土台裏には直径63.5mmのキャスターが4つ付いており、どちらもスイベルタイプになっていますので、移動の際にスムーズに動かすことができます♪ オートバイ等のメンテナンス時に中腰作業を強いられてしまうと膝と腰にかなりの負担がかかるので、そんな時に座りながら作業が出来るので、大変便利でおススメです♪
イタリア発のおしゃれなモデル!? Beta 1/4drコンパクトツールセット!!
2017/04/11 00:00
本日ご紹介するアイテムはこちら↓ ≪Beta 900/C39≫です。 大人気のBetaより発売の1/4drコンパクトツールセットなのです 入り組みは39点と豊富に揃っています。 ケースの開け方は下側をスライドする事で出来ます。 オープンすると・・・・・・何と綺麗に整列しているでは無いですか!! これだけで既に格好良いのがイタリアの老舗メーカーBetaなのです♪ ケースはメインカラーであるオレンジでとても鮮やかで格好良いですね~ 収納時は155 × 95 × 53(各mm)ですので携行用としても充分に活躍できます 入組みとしてソケットは 5・5.5・6・7・8・9・10・11・12・13・14(各mm)となっています。 ラチェットハンドルはギア数48枚と、耐久と使い勝手のバランスを取った良いところです。 話は反れますが店頭にて『ラチェットハンドルは細かければ細かい方が良い?』と訊かれる事があります。 答えとしては『長い目で見た時にはギアが細かいと耐久性が落ちる場合があります』です。 一つ一つの歯が小さくなる事で摩耗した時に滑りやすくなります。 ・・・しかし耐久に対してのみの話ですので歯数の多いラチェットハンドルが何においてもNGという訳ではありません。 ギアが細かければ空転のフィールは良く、振り幅が取り難い場所でも使い勝手が良いわけです。 最終的には作業シーンに合わせての好みの話に繋がります 尚、細かいギアを採用したモデルでも、メーカーによっては、内部のパーツの精度を高めると共に、噛み合う歯数を増やす事で上手く力を分散させ、歯数の少ないラチェットと同等の強度を発揮しているモノもあります。 必ずしも「歯数が多い=強度が無い」とも言いきれないものがありますので、「このラチェットはどうなの??」と気になった方は、是非スタッフまでお問い合わせ下さい♪ このセットにはドライバーグリップも付属する為に、今は少なくなってしまった“ナットドライバー”としてもお使い頂けます。『ラチェットハンドルがあるからそっちを使えば?』と言われる事もありますが、トルクを必要としない場所ではドライバータイプの方がクルクルと回せるので作業が早くなる場合があるのです ビットも数多く入っており プラス:1・2・3 マイナス:0.6×4.5・1.2×6.5・1.2×8(mm) HEX:2.5・3・4・5・6(mm) ポジドライブ:1・2・3 イジリ止めTORX:10・15・20・25・27・30・40 と、かなり揃っているので様々な作業に対応頂けます 一つ一つにBetaのロゴが刻まれているのも格好いいです!! 欲を言うならばイジリ止めではない通常のTORXもあると嬉しいところですね~ 因みにイジリ止めTORXと通常のTORXは形は同じですが、(強度的な問題で)兼用は出来ません。 あくまで専用のビットとしてお使い下さい。 一部のネット情報では『兼用出来ます』などと書いてある事もありましたが、それは間違った情報です エクステンションバーは50mmと100mmの2種類があり、ユニバーサルジョイントは二軸タイプを採用しています。 当然ですがビットアダプターも組み込まれています。 入り組みをご覧頂きましたが、ココまで揃っていると仕事でも充分にお使い頂けます♪ 実際にこのセットを中心に不足分を補い仕事にお使い頂いている方も多くいらっしゃいます。 仕事でお使い頂けるのであればプライベーターのDIYでも不満の無い充分過ぎるスペックですね~ 店頭に展示もありますので一度触ってみて下さい♪ 意外とBetaを在庫しているお店は少ないと思いますのでこの機会に一度ご検討頂ければ幸いです♪ 今回も最後までお付き合いありがとうございました。