エンジン作業続編!地味作業に欠かせない名脇役をご紹介します !
桑山
2017/08/29 00:00
オイル消費過多に嫌気がさし、ステムシールとピストンリングのみ交換するつもりで、安易に始めたエンジンの解体作業も、気付けばもう2ヵ月半が過ぎてしまいました。 大きな進展はありませんが、地味に進めている作業の報告です。 エンジン作業と聞くと派手な事を想像しそうですが、実際にはこういった地味な作業が多くて驚きます。 預けていたシリンダーとピストンの加工が終わり、手元に戻りましたが、そのまま組むわけにはいきません。 最初に組んだ頃は何も知らず、見よう見まね。 今思うと、無謀とも思える内容で組んでいましたが、幸いな事にエンジンが止まってしまう様な、大きなトラブルは経験せずにすみました。 戻ってきたシリンダーの面出しを行いますが、作業に欠かせないのがオイルストーン。 ピストンリングのバリ取り、ヘッドの面出しにも使える大きめサイズです。 これ以外にも小型のオイルストーンも使っていますが、作業内容に合わせて各種サイズや粒度がありますので、目的に応じて最適なものを選んでください。 シリンダー側面に開く小さな穴は、ハーレー特有のオイルリターン用の穴。 よく見ると、削りカスの様な塊が詰まっていました。 確認せずに組んでしまったら恐ろしい事になりそうですが、このゴミを掻き出したりするのが、ピックツール!無くてもマイナスドライバー等で何とかしている方も多いかと思いますが、ドライバーでは逆に押し込んでしまったり、引っ張り上げる様な作業にはピックツールが最適ですが、その他、ちょっとした作業で手元にあると便利なアイテムです。 以前、私は他のメーカーのものを使用していましたが、強靭なミッションシャフトのCリングの作業に負けない折れ難さに惚れ込んでから、ずっとスナップオンのピックツールを愛用しています。 傷が気になる作業であれば、W.I.T. ピック&フックツールもお奨めですよ。 次にピストンリングの合口の隙間を調整しますが、国産車ではあまり聞かない作業の様な気がします。 今回も、0.3mmの隙間になる様に合口を研磨します。 削っては測定を繰り返し、隙間を目的のサイズに仕上げますが、シクネスゲージと呼ばれるツールで隙間を測ります。 整備にはつきものの、指定クリアランスに近づける為の測定工具ですが、サイドプレイ、タペットクリアランスや部品歪み量の測定以外にも点火プラグのギャップ調整にも使います。 ピストンリングはバネ材を使い硬度が高く、一般的なヤスリでは刃を傷めてしまう恐れがありますが、こういった硬いものを研削する際は、ダイヤモンドヤスリが、最適です。 ツボサンのスーパーDは、この様なじれったい作業も従来の3.5倍の作業効率が望めます。 粒ぞろいのダイヤモンドがワーク(素材)一面に当たる事で実現します。 今回は、予算の都合で中古ピストンの再利用ですが、新品ピストンを使う際は下部のバリ取りや重量合わせを行った後に組付けます。 9月中には仕上げたい・・・ そんな思いでございます。 続く・・ 何かご不明な点がございましたら、お気軽にスタッフまでお問い合せください。 桑山がお送り致しました。
痒いところに手の届く便利ツール!!サンツールのアイテム色々
2017/08/28 00:00
サマーセールに開催しました「サンツール」のイベントにご参加頂き有難う御座いました。 かゆい所に手の届く”孫の手”のような特殊ツールの数々。 そんな変り種アイテムの多いサンツールですが、今回、ご注文いただいた変り種アイテムをご紹介いたします! まずは≪ワンタッチスペーサー≫です。 名前、見た目だけでは何に使うか分かりにくいアイテムですが、きっと「なるほど!」と思っていただけるかと思います。 厚みとして1.0mmと1.6mmの2種類を設定しています。 このアイテムはその名の通り「スペーサー」なのですププッ ( ̄m ̄*) 用途としては自動車の外装やドア等のチリ合わせの調整時にシム等を着脱する事はあると思います。 着脱と簡単に言いましたが、一般的にはワッシャーですので、調整の度に本体を動かす事となります。正直大変ですよね?そこで写真の通り切り欠きがあるので、ある程度持ち上げれば装着が可能となるのです♪(゚▽^*)ノ⌒☆ 私もエアロの装着時にはとても悩まされたのです。一箇所だけ合わない為に着脱は一苦労なのです(´_`。)グスン エアロパーツは若干の柔軟性があるためにカチッと決まらないのです……ズラして合わせて、また動かして(以下繰り返し) この状況下ではワンタッチスペーサーがあれば簡単にイライラが解消できます!! 自動車のエアロには勿論ですが、事故などで板金が必要になった時でもお使い頂けるのです。 勿論、自動車以外にもバイクの外装などにもお使い頂けます 今回はコレだけではありません 同じサンツールの≪レスキューキャップ≫もご紹介します。 こちらも頭に『なにコレ?』と浮かぶ事でしょう( ̄ー ̄)ニヤリッ このアイテムは塗装ボルトに傷を付ける事無く着脱が可能のキャップ&ソケットです。 前職時に板金の手伝いもした事があり、塗装ボルトにマスキングテープを貼り少しでも傷を付きにくくする努力をしたこともありますが……これさえあればそんな労力も不要なのですよ セットにM6用とM8用の2種類があります。M6が白、M8が黒と色による識別が出来るので取り間違いなどもう防げます。 専用ソケットも同様に白黒に色分けがされています 差込は1/4drとなっています。(※設定で3/8drもあります。) 実際にソケットを装着してみるとこの様な感じとなります。差し込み部にはボールティンプルが刻まれておりませんがエクステンションバーとのガタも少なくカチッとします∠( ゚д゚)/ 「え」 ソケットの内側はコーケンのサーフェイスに近い面接触形状となっているのでボルトの角を傷める心配は不要です♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!! その為、板金などで塗装ボルトを外す際にとても便利ですね~☆ 最後に≪eずら≫です。 商品名の”いいずら”は静岡方面の方言で『良いでしょう?』という意味です。 その名の通り良い物なのです 一見印刷のされたただの紙ですが、米印のような模様は柄では無く切れ込みが入っているのです。 この切れ込みに外したボルトを差し込み紛失防止や外した場所の記録になるのです..・ヾ(。 ̄□ ̄)ツ ギャァ!! 実際にありませんか?作業終了までに時間がかかってしまい『あれ?このボルトはどこから外したんだろう?』となってしまう事。作業によってはボルトの長さが若干違ったりして混乱する事もあるでしょうが、このeずらを使う事でそんな煩わしさから解放されるのです\(^ ^)/ バンザーイ 更には途中で作業と止める際にも混ざってしまう事も無く安心です。トレーなどにまとめておいても他の方が接触し大惨事!なんて事もありません。 用紙は筒状になっているので中に付属のボードを入れて使います。 用紙の裏面には切れ込みのみとなっているので自由に書き込んで使い易いレイアウトでお使い頂けますv(。・ω・。)ィェィ♪ 今回ご紹介のアイテムは作業時に『あるある!』と共感される事の多い事例をピックアップしました。辛い経験がある方にこそ響くアイテムとなっています。 これらのアイテムを使って効率よく作業をしてみてはいかがでしょうか? また、今回ご紹介したアイテムはご注文品のため商品掲載されていないアイテムが御座いますが、ご注文・ご質問等、お気軽にスタッフまでお問合せください! 今回も最後までお付き合いありがとうございました。
PB インサイダー&インサイダーミニ!
2017/08/25 00:00
こんにちは! 本日ご紹介するのはこちら↓↓↓ ちょっとした携行用として、あるいは出張時やアウトドアなどで大変重宝する、 PB インサイダーとインサイダーミニです!!! まずは『PB インサイダー』からご紹介! カラーはRed・Yellow・Green・Blue・Purple・Blackの6色と言うバリエーションで、PBらしいカラフルな色合いです! グリップは滑りにくく耐久性・耐薬品性の高い『マルチクラフト』が採用されており、グリップエンドの黒い部分をくるくる回していくと、収納されたビットを取り出す事が出来ます。 グリップエンドがビットホルダーの役目もしているので非常に取り出しやすいですね! 中身のビットは、プラス#1・#2、マイナス4mm・5.5mm・6.5mm、トルスクT10・T15・T20の8本となっており、『ナノコート』と呼ばれる超極薄のメッキ処理がされているので、錆び難くなっております。 また、自分のお気に入りのカスタマイズとして、ビットホルダーからあまり使用頻度の少ないビットを2本外したりして、変わりに50mmのロングビットに差し替えてもいいと思います そしてお次は、去年9月の発売日から大変ご好評頂いております、精密差し替えドライバーの『PB インサイダーミニ』です こちらのモデルは本体に3本のブレードが内蔵されており、両頭タイプなので6サイズに対応しております。 ブレードサイズは… ●プラス#000 × マイナス0.3×1.5mm ●プラス#00 × マイナス0.4×2.0mm ●プラス#0 × マイナス0.5×2.5mm となっており、ブレードは専用設計で本体の先端に差し込む事でマグネットで保持しています。 本体にブレードがスマートに内蔵されているので、胸元や腕のポケットなどに差して持ち運べますね! いかがでしょうか?PBのオシャレでスマートなインサイダーシリーズ! チョットした時にポケットなどに忍ばせておけば、 サッと大活躍するアイテムだと思いますよぉ。 本日は最後まで御覧頂きまして、ありがとうございます
迷ったらコレ! ニッパー界のオールラウンダー!!
桑山
2017/08/22 00:00
こんにちは!桑山です! 機械加工屋さんにバイク部品の加工を依頼してきました。 加工待ちのスリーブやポルシェのシリンダー、ランボルギーニの箱が無造作に置かれ、この先どんな加工を施すのか興味津々。 機械の上に並ぶ、使い古されたスナップオンのレンチが美しいこと・・ 思わずシャッターを押してしまいました。 さて今日はニッパーのお話。 工具屋に従事する前のこと。 もちろんブランド工具の事など、ほとんど知らず、アメリカ特集の雑誌で目にしたSnap-onやMAC Tools の存在を知っているのが精一杯。 工具と言えば、大半はホームセンターで手に入れた物が中心で、渋谷の某大型DIY ショップのショーケースに並ぶ、Snap-onは雲の上存在でした。 ニッパーも祖父が使っていた御下がりを研ぎ直して使っていましたので、ニッパーの性能も、その御下がりが基準なわけです。 ある日、自転車の鍵を無くし、猛暑の中、半日以上かけてワイヤー錠を切断した遠い記憶がありますが、あまりの苦痛に自分を呪ったのを思い出します。 工具屋に勤め始めは驚く事ばかりでしたが、その中で一際衝撃だったのが、このクニペックスのニッパー。 あの、忌々しい思い出のワイヤーを、あっさりと切断し、呆気に取られた記憶があります。 その後も驚きは続きますが、片手でスプリングを簡単に切ってしまうニッパーが、この世に存在する事を始めて知った瞬間でした。 「このニッパー!ヤヴァイ!!」 しかも、紙やビニールも綺麗に切れてしまうのですから言葉もありません。 どんだけ鋭利な刃が付いているのかと、恐る恐る刃先を触ってみましたが、刃研ぎができていないようにしか思えないこの刃先で、硬いものから軟らかいものまで切ってしまうことに正直驚きを隠せませんでした。 後で知る事になるのですが、まずは刃を付き合わせても負けない硬い素材が条件となり、その刃先を突き合わすように最適な角度で研ぎ直すのです。 また、相当な荷重が掛かる“カシメ部”は最適な鍛造を施し、長期に渡りカシメ部のガタを抑えます。 刃先は生きていてもカシメが狂えば軟らかいものは切れません。 切断可能な素材を並べてみると、ナント!14種!! 紙のように柔らかいものから、スプリングやピアノ線のように非常に硬い材質までを、この一本で切る事が可能なんです。 このニッパーにも、最近流行りのコンフォートグリップの設定があります。 実はこのニッパー、あまりにも性能が高過ぎるが故に、許容限界の素材を切ろうとすると、まず自分の手が悲鳴を上げそうになります。 太く硬いものを切断する際に少しでも手の負担を減らそうと加わったのが、青と赤の配色が特徴のコンフォートグリップです。 手に当たる面積が2倍以上あるので、その分手に掛かる負担が半分以下になる理屈です。 最初は食わず嫌いで敬遠されていた方も使い慣れるとコンフォートグリップを好む傾向にありますので、後発モデルはやっぱり良くできていますね♪ どのニッパーを買おうか迷った時には、このピアノ線ニッパーを選んでおけば、間違いありません。 140、160、180、200、250mmのサイズ設定がありますが、オススメは180mmのモデル。 面白い位、硬い物があっさり切れます。 プラスティックや電線のみ切断する等、目的がはっきりしている際には、別のご提案もございますので、お気軽にスタッフまでお問合せ下さい。
切れ味!使い勝手抜群!LENOX ロッキングユーティリティナイフ!
2017/08/20 00:00
本日ご紹介させていただくのはこちら↓↓↓ 普段から私も愛用しております。『LENOX ロッキングユーティリティーナイフ』です! 切削工具メーカーとして名高いLENOX(レノックス)社による、使い勝手抜群!切れ味抜群!耐久性抜群!の折り畳み式ナイフです。 まずブレードはLENOXの「チタンコートブレード」か1枚付属しており、素材が非常に折れ難い性質を持つ「バイメタル」を採用していて、さらに刃先に「チタンコーティング」を施す事で、驚異的な耐久性・耐摩耗性を発揮します!!! バイメタル構造とは、2種類の金属板を貼り合わせる製法の事で、LENOXの場合、硬く、耐摩耗性に優れたコバルトハイス鋼の刃部に、弾力性があり折れ難い特殊バネ鋼を電子ビーム溶接する事で、切断能力を損なうことなく、折れ難く欠け難い性質を持たせています。 グリップにはLENOX社のトレードマークのオオカミが入っていますが、これはスコットランドのレノックスと言う町に生息していたと言われる強く鋭い歯を持ったオオカミに由来しているそうです! ブレードの交換方法は、ブレードホルダーを45度位の位置にセットし、ロックボタン押すだけで簡単に外れ交換できます。 ちなみに折り畳み方法は、グリップ上部のの凹んだ部分を押せばロックが解除され、折り畳む事が可能です。 そして、ロッキングユーティリティナイフには5つの機能が備わっています。 ナイフとしての機能は勿論ですが、ブレード部分の下にはワイヤーストリッパー、グリップ下にはパイプの面取り・マイナスドライバー・栓抜きとして使用できるマルチツールが内蔵されており、使い勝手も抜群です! 折り畳むと非常にコンパクト!手の平にスッポリ収まり、背面にはベルトループが付いている為、ベルトやポケットにぶら下げる事ができ、携帯にも便利です(^ω^) カッターナイフ感覚で使用できるので、アウトドアやホビー製作にも大活躍! 最高の切れ味を体感して下さい
先端が曲がるって便利です♪Z-EAL ユニバーサルジョイント
2017/08/19 00:00
本日ご紹介するアイテムはこちら↓ ≪Z-EAL ユニバーサルジョイント(3771Z)≫です。 コーケンの持てる技術を集結させた最高峰のZ-EALシリーズです。 そのジールの中で私の一押しアイテムがユニバーサルジョイントなのです まず特筆すべきは全長の短さです!!(全長:42mm) ユニバーサルジョイントを使うところは直接アクセスが出来ない狭所が多いと思います そこでこの全長は有利に働くと思います そして振り幅ですがよく「一般的な二軸タイプの方が角度がつく」と話には出ますが…… その通りで間違いではありません。確かに角度はつきますが実用角かどうかが重要点ですね? 一般的な二軸タイプですと一定以上角度がつくと、ロックしてしまい回らなくなります 一方、Z-EALはボールジョイント形状を採用しているのでロックする事無く対象にアクセス出来ます その為にソケットを装着した際に重さに負けてユニバーサルジョイントに角度がついてもそのままお使い頂けます。 私も勝手に角度がついてしまい希望のナットに到達するのに苦労した経験があります。勿論Z-EALを購入しに来たことは語るまでもありませんね。 差込部はZ-EALの特徴である新形状のボールティンプルを採用しラチェットハンドルやエクステンションバーのボールを中に引き込む動きをします。 その為に接合部のガタが大幅に減り作業時のイライラの解消に繋がります。 実際に動きの渋いボルト&ナットを回す際に「あれ?動いてる?それともガタ?」と悩んでしまう事があると思います。 私は何度もありましたが、このユニバーサルジョイントを使う事でそんな心配から開放されました。 今回ご紹介したのは3/8drですが、実は1/4drも1/2drも設定はありますので良く使うドライブに合わせてお選び頂けたらと思います 有ると無いとでは格段に作業効率が変わるユニバーサルジョイント。一度ご検討頂けたらと思います。
ナメた!ロックナット紛失!等、困った時のお助けソケットのご紹介!!
2017/08/09 00:00
さて本日は!! こちらのターボソケット、もしくはツイストソケット等と呼ばれているナメてしまったボルト&ナットに威力を発揮するソケットをご紹介したいと思います! こちらのソケットはKoken(コーケン)から紹介されている「ナットツイスター」というタイプのソケットです。 ソケット開口部から奥にかけてツイスト状になっており、やや尖った山の部分が丸くなったボルト&ナットに食い込む事で抵抗を作り、回せる様になっているソケットです。 そして同じくKokenからは、異なったタイプのソケットの設定が有ります! こちらは「インパクトロックナットバスター」というタイプのソケットで、主用途としてはアルミホイール等の盗難防止に使用されているロックナットを回す用途として紹介されています。尚、名称の通り、数少ないインパクトレンチ対応モデルとなっています。 こちらは先ほどのナットツイスターとは異なりらせん溝の構造となっています! そしてこちらのソケットは「W.I.T. 4pc 6&12ツイストソケットセット」です! 溝の形状は先ほどのナットツイスターと同様のツイスト形状となります。入組サイズはホイールでよく使われる17、19、21mmの3サイズとなり、1/2drエクステンションバーと専用ナイロンポーチがセットなっています。 このモデルはよく見ると、先ほどのナットツイスターやインパクトロックナットバスターよりも全長が長くなっています。実はこのソケット、ソケット自体が貫通しており、逆側には薄く細かいツイスト形状(12P形状)となっているのです!! この3種類のソケットを並べてみました。 それぞれ長さが異なるのがお分かり頂けると思います。 特に、薄く細かいツイスト形状に関していえば、目視でもかなり薄くなっているのがお分かり頂けるのではないかと思います! ソケット内側のサイズをノギスで計測してみましたが、写真に映っているソケットは全て21mmとなっています。 内径は同じなのですが、実はソケット外径は結構異なるのです!(多分メーカーによっても異なると思います。) 左から、4pc 6&12ツイストソケット、ナットツイスター、インパクトロックナットバスターの順となり、 サイズは29.4mm、28mm、28mmとなり、ナットツイスター、インパクトロックナットバスターが最小径となりました! しかし!!! ソケット外周には17mmと刻印されたソケットの12P形状側で内側を測ると、、、 ピッタリ21mmとなっています!!! 早速外径を計測してみると。。。 ナ、ナント22mm!!! かなり薄い設計となっています! 只、どのメーカーのソケットもトルクを掛けた際に「薄い=割れやすい」のは変わりませんので、使用される際は出来る限り開口部ではなく奥の方で掛かるソケットを選ばれると良いと思います。 本日も最後まで御覧頂きまして、本当に有難う御座います。
触り心地が病みつきに!? パーツクリーニングブラシのご紹介です。
2017/08/06 00:00
本日のおススメ厳選アイテムはこちら スナップオンのセカンドブランドBlue Pointよりパーツクリーニングブラシでございます! 何やら変わった形状をしているブラシですが、この形状がミソなんです! 通常ブラシを使用する際は、ゴシゴシと相手に対して往復させて使用する事がメインになると思うのですが、このブラシは相手に対して突き刺す様にグサグサと使用する事が出来、狭い所や凹凸がある深く奥まっている所もブラシで清掃する事が出来ます。 全長:286mm ブラシ部:約65mm 私は自転車のスプロケットの清掃等に使用し、ギヤとギヤの間にこびりついたホコリとオイルが混じったヘドロをそぎ落としできます。 ちなみに清掃に使用しているクリーナーはWAKO`Sフォーミングマルチクリーナーです! この商品についてもおいおいブログでご紹介させて頂きます! 素材は対象物を傷付けにくいナイロン製となり、、、 ナイロン?? 刺すように使ってたらすぐ折れちゃうんじゃない? と疑問に思った方もいらっしゃるかと思いますが、通常のナイロンブラシと比較しまして非常にコシがあり、耐久性があるのも特徴になります。 先端がラウンド状になっておりまして、細かい所まで届きますよー 私も前職で使用していましたが、洗い油や灯油で部品を洗浄する際に、ブラシ自体が水に浮くので作業効率も良く、耐溶剤性も非常に高い為先端が開いたりする事なく元気なままでした。 先端が摩耗して無くなる寸前まで使い切る事が出来たので、非常に経済的で感動した覚えがあります。 さらにさらにグリップにも特徴が! ただの樹脂グリップではございません!人間工学に基づいた独特な形状をしており、清掃中にオイルやグリスに汚れた手で作業をしていてもブラシから手が滑りにくくなっています。 工業製品の清掃だけでなく、引き戸のレール部分、お風呂場の引き戸の掃除や台所の油汚れの掃除等いろいろな使い道があります! 日頃から奥様に工具を買いすぎと怒られてる旦那様たちもこのブラシをプレゼントしたら見直してくれるかも知れませんよ!? 最後までお付き合い下さりありがとうございました。
面倒な剥離作業を快適に!セラミックスクレーパーのご紹介!
2017/08/04 00:00
さて、ひび割れて大騒ぎしたシリンダーヘッドの雌ネジ修復も無事終わりましたが、 外し序に悪戯を施します。 もう少し時間を要するので、その間、他の部品の作業を進める事に致します。 前回ハイカムを入れた際、シリンダーとピストンが馴染むまで、キックスタートするのに非常に苦労しました。 今回は、機械加工にて精度が上がるので、更に圧縮が高まる予定。 「キックを踏み降ろす自信が無い・・」 そう判断した軟弱な私は、キック始動が楽になりそうな、デュレーションの長いカムを用意しました。 純正カムギヤに打ち換え準備を進めていると、機械加工屋に出していたシリンダーとピストンが戻って参ります。 左が外して間もなくの画像、右が戻って来た際の画像ですが、シリンダー内の色が灰色に変化しているのが確認できますでしょうか? 常連様、お薦めのパルホスM処理をシリンダー内に施し、慣らし走行に備えます。 この処理を施す事で、油膜保持に優れ、耐摩耗が格段に上がるんだとか。 側圧が非常に高いV型エンジンの耐久力を上げる為の選択です。 再使用するピストンは、堆積したカーボンを剥離します。 WAKOS リムーバーにて、薄いカーボンは剥離できるのですが、石の様に硬化したカーボンは、地道にこそぎ落とすしかありません。 序盤、ステンレススクレーパーやカッター等でこそぎ落していたのですが、この作業は非常に骨が折れるんです・・・ KTC セラミックスクレーパーの存在を思い出し、途中から使い始めるのですが、 「最初からこれを使えば良かった・・」と、後悔したのは後の祭りで、ピストントップに傷を入れてしまいました・・・ セラミックスクレーパーならば、アルミ面に対し最小限のダメージで、カーボンが落とせました。 工具屋に勤務した当初、こんな物でガスケット等が削り落とせるのか?と、 半信半疑で使い始めたのですが、使って納得、面倒な剥離作業の時短が実現致します。 以前、板橋本店マイスター上田のブログにて、セラミックスクレーパーの利点が窺える写真があります。 アクリル板に液体ガスケットを塗り付け、アクリル板を傷を付けずに剥離できるかの実験ですが、ほとんど傷を付ける事無く、ガスケットのみを剥離しています。 また、このスクレーパーに使用されるセラミックはジルコニア系と呼称されるセラミック中、最も硬く圧力に強いセラミックが使われており、長切れする耐久力を持っています。 強いとはいえ、落下には十分ご注意を! 「先輩に借りて使ったら凄い良かった!」と、来店されるお客様からの評価も高いのです。 左の赤丸内がステンレススクレーパーで入れてしまった傷で御座います・・ 右は、セラミックスクレーパーを使い除去したピストンですが、細かい擦り傷はあるものの、深い傷は皆無ですね♪ ピストントップの見慣れぬ変な形状の窪みは何? この話は長くなりますので、今回は割愛致します。 続く・・ 何かご不明な点が御座いましたら、お気軽にスタッフまでお問合せ下さい。
斬新なネームだけど超便利!「楽一・楽座」のご紹介!
2017/08/03 00:00
今回は、ちょっと変わった面白い工具をご紹介したいと思います! その工具とは、、、サンツール 楽一・楽座(ST-400) です! サンツールは、その奇抜なネーミングとは裏腹に、他のメーカーでは出していない面白い工具を生み出しているメーカーです。 つい先日、江戸川店でイベントも開催致しましたが、面白い工具が盛り沢山で、ご来店頂いたお客様からもかなり好評でした!(v^ー°) 今回ご紹介するアイテムの、楽一・楽座(ST-400)もその面白い工具の一つで、 狭い所でボルトを指で回す事のできるアイテムなのです! セット内容は、楽座A、楽座B、楽一(10mm・12mm・14mm)の入り組みですが、、、名前を聞いただけではどれがどれやら、、、?? それをこれからご説明させていただきます。 まずは楽一! サイズごとに用意された円盤型のツールですが、対辺10mm、12mm、14mmの各六角ボルトに対応していて、ボルトをしっかりとホールド出来る様に、中にはOリングが組み込まれています! ホールド性は抜群で、下向きにしたり揺らしたりと、ちょっとやそっとではボルトが落下する事はありません! 楽一は、右写真の様にそのままボルトにセットして指で回す使い方も可能です。 さらに別の使い方としては、楽座と組み合わせて使用する方法もあります。 こちらの指輪みたいな形状をしているツールが楽座Aです。 楽座Aの先に楽一をセットし、指に付けて回す事ができるのです。 楽一を取り付ける台座部分は回転できるようになっている為、指先で簡単に回す事ができるのが特徴で、写真の様に狭い場所で使用すると、楽一のボルトに対するホールド性と楽座の回転部のお陰でスムーズな作業が可能となります♪ そして、もう一つのプレート上になっているものが楽座Bです。 楽座Aと同じく先端に台座が付いていて回転する仕組みになっておりますが、こちらの場合は、指に付けて回すのではなく、プライヤ等で挟んでドライバーなどで回すように使用します! こちらの場合は、指すらも入らない極端に狭い場所で使用するのに適したアイテムです。 ドアアウターハンドルの着脱など、狭い場所での作業も今や当たり前の時代ですので、こういった便利アイテムを一つ工具箱の中に忍ばしてみてはいかがでしょうか? きっといざという時に役立つはずです♪ 本日も最後までご覧頂きありがとうございました。
3/8drソケットとしては世界最短!? その名は「ちび太」!
2017/08/02 00:00
今日はアイデア工具で評判“サンツール”さんからラインナップされている “ちび太ソケットセット6個組” を簡単にご紹介させて頂きたく思います。 このモデルは素材には工具に適している“クロームモリブデン鋼”を採用し、差込口は“3/8=9.5sq”となり、面接触も採用しているのでボルト&ナットに対して、しっかり力を伝える事が出来ます。 このソケットはネーミングには“ちび太”と付けられ、その特徴としてはソケットの全長が短いのが最大の特徴であります! 早速、数ある3/8ソケットの中でも特に短いと評判のスナップオン・ロープロファイルモデルと比較を・・・ 8mmソケットはロープロモデルは17mmに対して、ちび太は14.6mm・・・ 次に17mmソケットを比較したのですが、ロープロモデルが20mmに対して、ちび太は19mmと言う結果となり、3/8ソケットの中では最も短いソケットと言えます。 そんなちび太に私、ヒグチおススメなのが、KTCからラインナップされている“早回し変換アダプター ・BAE23”であります! このアダプターは“凹1/4→凸3/8に変換”出来てとても薄く、更に緩んだボルトを早回しする時に便利に使える“スピンナーとしての役割も出来る”ので、狭い作業スぺースでとても便利に使えます! 丸い部分が磁石となり、ソケットを差し込むとしっかりホールドしてくれます。 クルマ・オートバイのメンテナンスなど、狭い箇所でこのちび太ソケットと一緒に使う事で、作業効率を上げる事が出来ます! セットの内容は、8.10.12.13.14.17mmの6個が専用レールにセットされています。 以上、簡単に説明をさせて頂きましたが、価格的にもかなりお買い求め易い価格となっているので、気になる方はお早目に各店までお問い合わせください! 本日も最後までご覧頂き、有難う御座います!
これがあれば火傷も怖くない!~ヒートスリーブ~
2017/08/01 00:00
今回ご紹介するアイテムはこちら ≪MECHAINX WEAR ヒートスリーブ≫です。 『ワークグローブと言ったらメカニクス』とも言われるメカニクスですが、グローブ以外にもオススメのアイテムがあるのです まだまだ暑い日が続きますが、作業時に半袖のツナギを着たり、袖を捲ったりする事もあると思います。 しかし、狙ったかの様にそのタイミングで火傷や怪我をするのですよね 実際に私も夏の怪我の方が多かったので……そしてメカニックを辞め早数年。いまだに傷痕は消える事無く残っています 日焼けすると若干見えにくくなりますが、様々な傷痕はしっかりと残っています。。。 意外と小さなパッケージに本体が2枚1組で入っています。左右の表記は無く兼用です。 恐らく左右に同時装着する事は少ないと思いますので、片方を洗濯中でも問題ありません! 一枚を使い続けるより長持ちしますね 長さで約460mmです。実際に装着してみると私の場合では肘上までカバーできますので安心です。 伸縮性は高く、ゴワゴワする事無くフィットしますので、 余程のマッスル系の方でない限りは装着可能かと思います。 ※メーカーではサイズ表記はなく、フリーサイズとなります。 素材としてケブラー繊維が織り込まれているので耐熱性能は申し分ありません。 更に大変頑丈で、狭所での作業時に引っ掛けてしまっても切れる心配はありませんので、ガンガンお使い下さい。 ちなみにケブラーとはアラミド繊維の一種で飛行機や自転車、ボディアーマーや防刃ベストなどにも使われる頑丈な素材です。 ……私は写真(右)のボディアーマーには苦い思い出しかありません。装着しての走行訓練・・・ 今思い出しただけでも変な汗が出ます。詳しく聞きたいという方は店舗にてお声掛けください、、、 ヒートスリーブは指先までは保護していませんのご注意を。 本来はグローブを装着の上にお使頂くものですので、使い慣れたグローブに重ねてお使い頂ければと思います そして、私は夏場以外の狭く手の入り難い場所での作業時の装着をオススメしています。 『長袖ツナギ着ているのに?なぜ?』と思うでしょうが、実は狭い作業スペースではツナギの袖ですら引っ掛かり邪魔になる事があるのです そこでヒートスリーブを装着する事で腕と同等の細さで狭所に手が入れられるのです。 その為に夏以外でも装着する方は多いのです 写真は以前に私が行ったタービン交換の一コマです。 秋口で気温も高くなく、エンジンも掛けていませんから当然熱くもなかったのですが、エンジンルーム内には鋭利に尖っている部品があるのです!! そしてホースが貼り付いていて力で抜くのですが、予想通り突起部に突撃します 火傷のみならず、鋭利なものから腕や服を守る意味でも、是非、装着をお薦め致します 私の様な傷だらけの腕にならない為にヒートスリーブは如何でしょうか? 怪我の無い様に準備して安心して作業に臨んで頂ければ幸いです。 今回も最後までお付き合いありがとうございました。