備えあれば憂いなし!Lisle(ライル)リレープライヤー!!
上田
2019/03/27 18:00
こんにちは!! 上田です。 本日は、点検/交換等の際に意外と苦戦する場合が多い作業のお助けツールをご紹介させて頂きます! このツールを製作しているのは、1903年に設立されたアメリカの自動車整備専用特殊工具メーカー「Lisle(ライル)社」です。 元々は掘削井戸用のドリルマシンの会社として設立されたのですが、1920年以後にフォード車のバルブ修理を行なうようになってから自動車工具関連に進出し、現在となってはアメリカ国内で屈指の自動車メンテナンス用S.S.T.(スペシャルサービスツール:専用特殊工具)の開発・製造・販売するメーカーとして名をはせています。 このメーカーから紹介されている様々なツールは、他社にはないアイデア満載のものが多く、USAの大手ブランドツールメーカー“Snap-on Tools”や”MAC Tools”のみならず、その他多数メーカーにS.S.T.をOEM供給しているいることで知られているメーカーです。 多種あるS.S.T.の中から、今回はこちらのリレープライヤー(#46950)をご紹介させて頂こうと思います! 制御に欠かせない電気部品の一つでもあるリレーは、どのメーカーの車にも必ず搭載されている物ですが、使用時間や回数等にもよりますが、劣化やショート等、いずれ交換となる事は避けられません。 更に、新車から一度も外されていない為に固着しているケースや年数が経過したリレーは外装に使用されているプラスチックが劣化し脆くなっているケースなどがある為、ニードルノーズやプライヤーなどで掴んで引き抜こうとすると、時には割れてしまい、さらに外すのが困難となってしまう場合もあります。 また、リレーが収納されているボックス内は、リレーが隙間なく設置されている為、先端が太いと隙間に入れることすらままなりません。 Lisle リレープライヤーは、この様な使用状況が考慮された形状となっています。 隣り合うリレーとの隙間を考慮し、先端はニードルノーズ以上に細長くなっています。 さらに、リレーをプライヤーの様に掴んで引き抜くのではなく、先端部分をプーラーの爪と似た形状とし、リレーを掴むというよりは引っ掛けて引っ張るといった構造となっています。 リレープライヤーの爪部の厚さは、最大で僅か3mmしかないのでかなり狭い隙間でも奥までしっかり入ります。 使用方法は非常に簡単で、上の図をご覧頂くとイメージが容易に出来ると思います!! リレー下部は勿論、側面に溝があるタイプにも使用出来ます。 実際使ってみると良く分かるのですが、形状や大きさ、重量等、とても扱いやすく、リレーが固着している場合でもしっかりと保持出来るので、作業の際は非常に重宝します! また、リレーのみならず、こちらも意外と外し辛い小型の平ヒューズ等の着脱時にも使用できます! 頻繁に起きる作業ではありませんが、備えあれば憂いなし!の特殊工具です。
コンパクトボディに使いやすさを詰め込んだPB SWISS TOOLS 差替えラチェットドライバーセット
山本
2019/03/25 21:00
こんにちは。ワールドインポートツールズの山本です。 毎月1の付く日に始まるPB SWISS TOOLSキャンペーンから、面白そうなアイテムを見つけましたので紹介させていただきます。 今回紹介させていただくのはこちらの差替えラチェットドライバーセット。 手のひらサイズに収まるこの小ささでありながら、便利な機能が詰まっています。 まずはこのグリップエンドの黒い部分を引っ張っていただくと、、、 このように、中にはビットが収納されています。 ビットを別で保管しておく必要が無いので、非常に失くしにくく作業することができるようになっています。 収納機構は滑らかなスライドでがたつきがなく、スムーズに取り出せます。 この滑らかさはぜひ一度触って体感してもらいたい次第です。 ビットはリボルバーのように収納されており、この収納自体も回転するため、目当てのビットをすぐに探し出せるようにもなっています。 最大6本のビットが収納可能で、 ・六角ビット(3,4,5,mm) ・プラスビット(PH1,2) ・マイナスビット(刃先厚×刃先幅:0.8mm×5.5mm) がセットとして初めから付属しております。 先端には磁力でビットが装着される仕組みとなっており、このおかげでビットに磁性が無くともネジを落とすことなく保持しておくことが可能です! そしてこのドライバはラチェットタイプとなっているのが特徴です。 先端部分にある丸いくぼみと、四角のマークによってラチェット機構が調節できます。 くぼみの位置と四角のマークによって、正・逆・固定の3種を選択できるので、微妙な調整にも使用することができます。 小型ボディにいろいろな便利さを詰め込んだ差替えラチェットドライバーセット、ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか。
M12サイズ対応可能な1/2dr タップホルダー!!
2019/03/22 18:00
こんにちは! 桑山です。 今日は隠れた人気アイテム WIT 1/2dr タップソケット をご紹介いたします。 世にタップホルダーは数あれど、M12サイズに対応するタップハンドルとなると、 選択肢がぐっと少なくなります。 ドレンボルトやリコイルキットに含まれるタップをいざ作業で使うとなると、 手持ちの工具で困った方も多いのではないでしょうか。 一般的なハンドルだと障害物に当たってしまい快適に作業できないものが大半ですが、このタップホルダーであれば、ラチェットハンドルやスライドバーと組み合わせ、エクステンションバーを使えば、いくらでも縦方向へ伸ばしての作業が実現します。 ハゼット社のタップホルダーと比較するとその差は歴然、M12~M16クラスのタップに対応しますが、メーカーによってエンドの四角サイズが若干違いがあるものもありますのでご注意ください。 この機会に是非使っていただきたい、自信を持ってお薦めできる逸品です!!
奥まった箇所で重宝するクニペックス ロングリーチノーズプライヤー!
店長 樋口
2019/03/20 18:00
いつもご覧頂き、ありがとう御座います! 本日は写真のクニペックス社のロングリーチベントノーズプライヤーをご案内させて頂きます! まず、全長は280mmとなり、先端部の曲がり角は45度となるので、奥まった箇所での作業にも適しております。 ボルト&ナットなどの丸型形状の素材をしっかり掴む為のジョーも大小5箇所備えいるので、便利に使い分ける事も出来ます。 素材としては、焼入れを施した特殊工具鋼を鍛造仕上げを採用し、全体を黒い亜鉛合金メッキで仕上げ、グリップ部はプラスティックコーティングてしています。 先端部は細身の仕上げとなるので、狭いスペースでの作業を得意としています。 今回は数量限定となりますが、スペシャルプライスにてご提供させて頂きます!
耐薬品&絶縁を有するシリコン素材の忍者テープ!!
上田
2019/03/18 18:00
こんにちは!! 上田です。 本日ご紹介させて頂くアイテムは、、、 コチラのDevcon(デブコン)のNinja Tape(忍者テープ)です!! 初めてこのアイテムを知った際に思ったのですが、製品の特徴と関連している様なしていない様な、いずれにせよインパクトのあるネーミングです! この忍者テープは一見普通のビニールテープに見えますが、全く異なった性質を持っています! ビニールテープや両面テープであれば、裏もしくは表裏両面に粘着性質を有しますが、この忍者テープはシリコン素材で作られており、お互いを重ね合わせると自己融着するといった性質を持ちます。 つまり、引っ張って巻き付けるとテープ自身の伸縮力によって互いに接し、半永久的に密着するのです! さらに、燃料・油・溶剤・海水・紫外線等にも優れた耐久性を有し、熱に関しても-54℃~260℃までの耐性を持っています。 更に言うならば、シリコン素材なので16,000V/mm(1mmあたり、16000Vの絶縁耐力)という非常に高い絶縁性を併せ持ちます。 この様な特徴から車であれば、応急的なラジエーターやヒーターホース等の損傷&漏れ修理や配線・ワイヤーの結束処理・防水加工等の用途に、また他用途ならば液体や気体等の配管・パイプの継ぎ手部の一時的な漏れ補修等にも使用可能です! 試しに、短く切った忍者テープを手で伸ばしてみました! メーカースペックでは600%という脅威的な伸び率の記載があるのですが、私のハンドパワーではこの程度が限界で、それでも優に3倍以上の伸びを確認出来ました。 実際にPBハンマーの木柄に巻いてみました! 巻いたのは先ほどの短く切った忍者テープなのですが、優に1週半以上巻き付ける事ができました。 ホースや配管等の修理以外にも、工具のグリップに使用する事でクッションまたは滑り止め効果を持たせる事も可能です。 因みに、メーカーが推奨している使用方法がこちらです! ガソリンやオイルに対しても使用可能なアイテムなので、車のフューエルラインやオイルラインにも使用可能です。 しかもビニルーテープ等の様に貼った後に糊が残らないテープなので、工具箱に忍ばせておけば、イザという時に重宝するアイテムです!!
グリーンベルの「匠の技」を使用した感想 非常に高性能な爪切りです!
山本
2019/03/15 18:00
こんにちは。ワールドインポートツールズの山本です。 現在店頭ではグリーンベル商品を展開中! グリーンベルと言えば「匠の技」と呼ばれる爪切りが非常に有名です。 グリーンベルは岐阜県関市に工場を構えています。 関市は鍛冶技術で栄えた地であり、その技術は刃物産業へと受け継がれています。 今店頭に飾っている垂れ幕にもその様子が見て取れることでしょう。 他の爪切りを圧倒する切れ味は職人の手で丁寧に作られており、ぜひ一度試していただきたい商品です。 今回はそんなグリーンベルの爪切り、「匠の技」をご紹介させていただきます。 私は前々から個人的に「匠の技」を使わせていただいているのですが、本当に他の爪切りとは一線を画す代物だと思っているので、今回はその良さを少しでも伝えられれば幸いです。 「匠の技」を使っていて感じる良さは大きく分けて2つ。 ・切れ味の良さ ・ヤスリ です。 まず「匠の技」の刃ですが、非常によく切れます。 爪切りの切れ味はかなり重要で、切れ味の悪い爪切りだと切るのに余計な力を必要としてしまうほか、まるで千切るようにツメを切ることになるので危なくもあります。 私は一人暮らしを始めて間も無い頃、「爪切りなんて適当でいいや」と思ってあんまりこだわらずに安いやつを買いましたがかなり後悔しました。 切れ味が悪く、思い切り握らないと切れないので爪を切る時に痛いくらいだったのです。 その反動で「爪切りは良いやつを選ぼう」と思ってグリーンベルの爪切りを選んでみましたが、切れ味の良さに満足しています。 スッと切れるので握る力も全然必要ありません。 爪切りがかなり快適になったのを覚えています。 グリーンベルの爪切りには厳選されたステンレス刃物鋼が使用されており、鋭利でありながらも耐久性に優れています。 また軽い力で切れるようにてこの力を活かす設計がされており、切れ味と相まって少ない力で爪を切る事ができるようになっています。 続いてはヤスリについて。 刃だけでもよく切れて爪の手入れができますが、「匠の技」はヤスリも非常に高性能です。 私は今まで爪切りをしていてヤスリの良さなんて意識したことも無かったのですが、「匠の技」を使ってヤスリがけをすると明らかに違います。 何が違うのかというと、ヤスリ掛けされた爪が明らかに滑らかになっているのを感じられるんですよね。 「匠の技」を使う前は、爪切りのヤスリなんて断面が平になればそれでいいやくらいのもので、何ならヤスリなんて使ってない時もありました。 ただ「匠の技」でヤスリがけをすると、爪が非常に滑らかになっています。かなり触り心地が良いです。 何とかこの良さを伝えたくて写真を撮ってみました。 左が爪切りだけした写真。右側がヤスリ掛けをした写真です。 私の指もそんなにきれいでないので伝わるか分かりませんが、爪切りだけした方はまだ線がガタガタしてしまっています。 「匠の技」の切れ味は素晴らしいものですが、直線で切るのでどうしても爪を丸く整えるのは難しいです。 一方で右側の写真を見ると、爪の先が弧を描いて丸くなっています。 なぜこんなにきれいに整えられるかというと、ヤスリの形状に秘密があります。 ヤスリの先端をよく見てみると、非常に細かい粒子状になっているのが分かります。 このヤスリはステンレスに特殊加工が施された微粒ヤスリとなっており、このおかげで爪を滑らかに仕上げる事ができます。 非常にきれいに爪を整えることができるので、ぜひともお試しいただきたい次第です。 グリーンベルの「匠の技」には多くの製品がラインナップされております。 大きさから形状まで様々なので、手になじむ製品をお選びいただけるかと思います。 自分用に使ってみるのはもちろん、ギフト用に紙箱に入ったものもございますので贈り物としてもご利用いただけます。 店頭でもグリーンベル商品多数展示しておりますので、お気軽にご来店ください!
殿堂入りプライヤー! クニペックス「コブラ」のご紹介
2019/03/13 18:00
今日は、クニペックスの大人気製品 「コブラ」に触れてみたいと思います。 このコブラ、工具枠の中では所謂「ウォーターポンププライヤー」に 属するプライヤーですが、他社製品と比較して一線を画す製品です。 では、そのコブラの人気の理由に迫ります。 ・顎 サメ刃の様に対象へと食い込む構造から対象に傷は付くものの、その対象が丸パイプであっても捉えて滑らず掴むことが可能です。 その刃は良質なドイツ鋼材を加工し、入念な焼き入れオイルを使っての焼き戻しを行うことで硬度と粘りを最適化しています。 工具のコストは、材料、熱処理、切削過程の刃物使用量でおおよそ決まるとのことですが、クニペックス社は 刃物の使用量はコスト増となりますが、焼き入れ前から硬度の高い鋼材を選択することで、製品となった際に堅牢なモノを作れると理由から 製品用途により7種の鋼材を使い分けるそうです。 ・三枚合わせ ハサミのような二枚合わせに比べ、横方向への”逃げ”が無く対象をしっかりと咥えることができます。 ・アジャスト 細かなサイズ調整が行える構造により、最適な顎の位置を選択し効率の良い作業が可能です。 ・部品 使用中部品が破損した際、手配が可能です。 パイプ以外にもボルトにも対応する平行四辺形状の掴み面にてボルトの六角に対し、 できるだけ多くの接触面積を取る工夫が施されています。 ・ハンドル コブラに採用されるプラスティックコーティングは、他の製品に採用されるビニールタイプに比べ、 厚みがあり、表面に細かな凹凸が施されているので、耐久力も高くオイル手でも滑りにくい仕様です。 また手の大きくない方も細身のハンドルを好まれる傾向が高くこのプラスティックコーティングを選択 される方が多いように思います。 対して赤青色のコンフォートグリップ 赤=硬く手からの力を効率良く対象へと伝えます。厚みがあり耐久力も抜群。 青=ゴムの様な適度な弾性があり、滑らず確実なグリップ力と接触面積を大きくとることで 手に対する負担が半分以下となり、力をかけた際の痛みが軽減されるので結果、更に力をかけた 作業が可能です。 以前足場鳶の方に使用していただいた際、「今まで使った中で一番単管パイプが滑らない!これ最高!」 と喜んでいただきましたが、その現場は比較的大きな現場でしたので、その現場に出入りする職人さん用に 30丁追加注文いただいた記憶があります。 良い工具は使ってみないと中々、その良さが分かりにくいところがありますが、店頭にサンプルをご用意して いますので、是非手に取ってお試しください。
今なお人気の高いPB SWISS TOOLSクラシックグリップドライバーセットのご紹介!
店長 樋口
2019/03/11 19:30
いつもありがとう御座います! 本日は今日からスペシャルキャンペーンに登場した、PBSWISSTOOLSのクラシックグリップドライバーセットのご案内を! このセットは、プラスドライバーのセットとなり、番手は0.1.2.3の4本と専用ホルダーが含まれております。 今でも人気の高いクラシックグリップは、昔ながらの赤い半透明で、ラバーグリップと異なり、汚れも直ぐに拭き取る事が出来ます。 また、グリップ形状は6角となるので握り易く、ドライバーを机の上に置いでも、転がり出す心配もありません。 そして、そんなクラシックグリップも現代になり、一部変更された点が… それは匂いで、以前のモデルは匂いがとても個性的でしたが、今は甘いバニラの香りがしております! そして、このPBSWISSTOOLSのドライバーは、全てシャフトにシリアルが印字され、製造年月日が確認出来る様になっているのも特徴です! そして、関連アイテムとなりますが、おススメしたいのが、マグネタイザーと言うアイテムです! 奥まった箇所にビスを当てると…ポロ…と、不意に落ちますが、磁気を付けたり消したり出来るので、何かと便利に使えます! 以上となりますが、是非工具選びの参考にされてみて下さい。 最後までご覧頂き、ありがとう御座います!
関の鍛冶技術を活用し、様々な製品を作り出すGreen Bell(グリーンベル)社!
上田
2019/03/08 00:00
岐阜県関市が刃物製品で有名な事をご存知のかたも多いのではないかと思います。 「世界三大刃物産地」として、ドイツ「ゾーリンゲン」、イングランド「シェフィールド」と並び評される程です。 関市に刀鍛冶が誕生したのは今から約700年ほど前となる鎌倉時代に遡ります。 良質の焼刃土や炉に使用する炭、そして良質な水が確保できる好条件が揃っていた関市は、刀鍛冶にとって理想的な土地条件が整っていたのです。 その噂を聞きつけ、いつしか多くの刀匠が集まり、やがて戦国時代を迎えます。 武士にとって自身の分身とも言える「刀」の切れ味や強度等を求められました。 「折れず、曲がらず、よく切れる」 名刀として申し分ない特徴を有した「関の孫六」で知られる「兼元」は、独特の鍛刀法により非常に頑丈な刀を作ることに成功し、その後、関市は日本一の名刀の産地として繁栄しました。 この卓越した伝統技能が現代の刀匠や刃物産業に受け継がれ、現在では世界で刃物の産地としての関市が知られています。 その関市に工場を構えるのが「Green Bell(グリーンベル)」社です。 爪切り・爪やすり・ニッパー爪切り・ヘアーカットはさみ等の刃物を中心とした製品から、化粧小物や理髪用品に至るまで、非常に鍛冶を活用した幅広い製品を生み出しています。 そのこだわりは、一切妥協のない高品質なモノを、私たちにしかつくれない唯一無二のモノを、という概念の元、今でも職人の方々が刃付け、調整、テスト等を行い、製品としての完成度を高いレベルで維持させているメーカーでもあります。 まさに「匠の技」と言っても過言ではないと思います。 特に匠シリーズは、それぞれの工程を職人の方々が受け持ち、丁寧に製作しています。 逆に言えば、機械加工の様に、大量生産が出来ない製品でもあります。 製作完了後に、切断テスト等の最終チェックを行い、製品として出荷されます。 「Made In Japan」を誇れる製品と言えるのではないかと感じます。 絶え間ない製品品質への向上心やこだわり、モノづくりの原点が生み出した製品と出会う事が出来ました。 是非、触れてみて頂きたい製品の一つです! 【グリーンベル製品はコチラ!】 尚、今週末(3月9,10日)店舗にて、メーカー様よりお借りしたデモキットにて、実際に様々な製品に触れて頂くことが可能です。 もしお近くまで来られた際には、体感してみてください!!
切ったパーツが飛び散らない! 扱いやすいクランプ付きニッパー
山本
2019/03/06 18:00
こんにちは。ワールドインポートツールズの山本です。 今回はKNIPEXのニッパーを紹介させていただきます。 今回紹介するのはKNIPEXのクランプ付きスーパーニッパーです。 こちらのニッパー、よく見ると刃先にクランプが付いています。 この飛散防止用クランプがあるおかげで、何か切ったときに破片を保持していてくれるという優れものです。 早速試しにタイラップを切ってみました。 これくらいのものを切るとき、普通のニッパーであれば切った破片は飛んで行ってしまうものですが、クランプ付きニッパーであれば、この通り。 切った破片もしっかり手元に残ってくれます。 破片がいちいち飛んで行ってしまうとゴミにもなりますし、拾うのも面倒です。 こうして保持してくれているおかげでスムーズに作業ができますね。 元々このクランプ付きはダイオードやトランジスタといった電子部品を実装した時に基板裏に残る"足"と呼ばれる余った金属片を切断するために生まれました。 足を切断した際に出るゴミが誤って基板内に入るのを防いでくれます。 他にも先ほどのようにゴミ集めの手間を省いてくれたりしますし、破片が飛び散らないだけで作業がかなり楽になります。 ただこのクランプが付いている影響で、先端部分が少し太くなっています。 プラモデルなんかを作る際は、破片が飛び散らないというのはかなり助かりますが、中には狭い箇所に刃を入り込ませて切断したい、なんて場面もありますね。 そんな時はクランプを取り外してしまいましょう。 クランプは取り外し可能なので、狭いところのものを切断したい場合は、こうしてクランプを外すことで対応することができます。 このニッパー先端の薄さはかなりのもので、刃先部分の厚さが約2mmと非常に薄く、狭いところにも難なく入り込んでくれるでしょう。 ただ、非常に薄いので太さのある対象物を切断する場合はご注意ください。 今回ご紹介しているスーパーニッパー「7871-125」ですが、切断能力が ・軟線:0.2~1.6φmm ・中硬線:1.2φmm となっております。 よく切れるので、軟らかいものなら多少太くても大丈夫と思われがちですが、刃先にかかる負担は大きいので下手をすると先端が折れてしまう、なんてことも起こり得ます。 その場合はひと回り大きいものを使うことをおすすめします。 クランプ付きではありませんが、手前の「7861-140」は今回紹介した「7871-125」よりひと回り大きく、 切断能力も ・軟線:0.2~2.1φmm ・中硬線:1.4φmm と、ひと回り太い線を切断することができます。 切断対象に応じて、最適なニッパーをお選びいただけると幸いです。 今回紹介させていただいたクランプ付きスーパーニッパー「7871-125」ですが、期間限定でのセール対象商品となっています。 2019年3月14日21時まで、セール限定価格で販売しておりますので、ぜひご覧ください。
基本工具認定! 使用用途の広いベントノーズプライヤーをご紹介します。
2019/03/04 18:00
こんにちは!ワールドインポートツールズ 桑山です。 今回は、手の代わりとなって、指先の入らない狭い箇所や細かいものを摘み上げるのに頻度の高い工具の一つ 「ロングノーズプライヤー」に触れてみますが、整備作業を想定したKNIPEX社の「メカニックプライヤー」の中でも 40度の角度の付いた製品をクローズアップします。 俗に「ラジペン」と呼ばれるプライヤーは同社のラインナップにも設定がありますが、 刃が根元に付いているラジペンに対し、今回のメカニックプライヤーはあえてカッターは付いていません。 理由として、整備に従事される方の多くは、ニッパーは既に持っている方が大半なのでカッターの必要性が無いことにくわえて、 作業中誤って他の物を切断しない配慮からメカニックプライヤーシリーズにはカッターを付けていないのです。 また、直接対象物と触れるつかみ面は、横一列の刃が入ったラジペンに対し、横と斜めにもきざみ目が入っており 引っ張るだけでなく、整備作業に多い捩じる様な場面でも更に滑りにくい構造です。 車両整備に付き物のホースバンドの取り外しには、裏返して”背の”部分を使い先端幅が広いプライヤーの様にして使うこともできるので 思った以上に使用用途が増え、手に入れた当初「目から鱗」だった記憶があります。 この200mmサイズは少し大きいように思いますが、その分強度は高く刃が開いてしまう様なことも少ない仕様になっています。 先端がストレートタイプを持っている方へ、次なる一本としてお奨めしたいプライヤーです。 参考にしていただければ幸いです。
普段なかなか見かけないインチ工具のご紹介!
店長 樋口
2019/03/01 21:00
いつもありがとう御座います。 本日はドイツブランドのプロクソンから、インチコンビネーションレンチをご案内させて頂きます! このモデルは、レンチ本体にも刻まれておりますが、スリムラインシリーズとなっているので、レンチの肉厚が薄く出来ているのが特徴となります。 写真のレンチは3/8インチとなり厚さは4.3mm、某社のモデルは4.8mmと、やはり薄く出来ております。 余談ですが、近年はボルト&ナットの精度が上がり、薄くなっているので、今後は薄いレンチの方が適しているかもしれません。 また、メガネ部分のオフセットは定番の15度となるので、快適に作業が行えます。 専用ケースには2箇所に穴が空いているので、携帯する以外にも作業時は写真の様にぶら下げて使う事も出来ます。 セット内容は、1/4.9/32.5/16.11/32.3/8.7/16.1/2.9/16.5/8.11/16.3/4.13/16の合計12本セットとなります。 アメ車やハーレーは勿論、アメリカ製の産業機器まで幅広くお使い頂けます。 インチ工具は中々普段販売しているお店も少なく、本日はプロクソンをご紹介させて頂きましたが、各種メーカー品を取り扱っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。